秋葉原で面白いバーならココ!ルパンになりきってスリルを楽しむ!

      2018/07/27

dorobo2


オタク文化の最先端を行く秋葉原で面白い体験をしたいと思う方は多いです。
東京観光のなかでも変わったスポットが多い秋葉原には非日常を味わえる場所も多く、最近では外国人観光客の方も多く訪れるようになっています。

プロレスオタクやクラゲオタクなど、オタクの女子にも注目が集まっていて、暗いイメージだったオタク街も華やかになってきてこれからも楽しみです。
夜の秋葉原を満喫したいと思っている方の中にも、秋葉原ならではの面白いバーとかがあれば盛り上がりますし変わった体験ができて嬉しいです。
秋葉原にある面白いバー事情についてご紹介させて頂きます(‘ω’)ノ

Sponsored Link


秋葉原での夜の楽しみ方には注意が必要!

dorobo2

秋葉原観光で夜の遊び場事情を知りたい方も多いですが、夜の楽しみはあまり期待しない方が良いです。イベント時や年末年始を除いて、秋葉原駅周辺で深夜でも遊べる場所は限定されていて深夜営業しているお店も少ないです。渋谷や新宿、池袋などの繁華街をイメージして秋葉原に来ると、夜の時間帯は失望することも多いので注意が必要です。

カラオケやネットカフェ、朝まで営業しているメイドバーもありますが、はしごして数軒回るとかはけっこう困難です。秋葉原の夜に何か遊びを楽しみたいと予定している場合には、事前にある程度リサーチしておくことがおすすめです。行き当たりばったりで夜の秋葉原に乗り込むと、路頭に迷ってしまうことも多いです。

 

⇒秋葉原の裏スポット事情も知っておくと安心です。

 

 

秋葉原で面白いバーならおすすめはココ!

Sponsored Link


秋葉原の夜に楽しめるオタクスポットは限定されますが、何か面白い体験をしたいならメイドカフェやメイドバーとは違うアキバ系のバーがおすすめです。

2016年頃からじわじわと人気が再燃して、女子が参加することも話題となった「サバゲー」。サバゲー女子なんていうオタク言葉もうまれて、実際秋葉原のサバゲーフィールドにも女性が多くなっているイメージがあります。秋葉原のミリタリーショップではまだまだ女性の姿をよく見かけるということは無いですが、気軽にサバゲーを体験できる屋内フィールドは人気です。

 

この、ちょっとマニアックなジャンルとなるサバゲーに関連したバーが秋葉原にはあります。バーの雰囲気を楽しみながらエアガンを撃つことができるシューティングバーで、ルパンになったつもりでお目当ての女性を口説くことだって期待できます。

 

 

 

 

 

秋葉原でスリルを味わえる面白いバーがヤバイ!

source:http://akiba-base.com

source:http://akiba-base.com

 

秋葉原にある「シューティングレンジ」は、電子レンジとは違いエアガンを実際に撃つことができる屋内の射撃場です秋葉原駅から徒歩6分ほどのところにある「AKIBA BASE」はカフェやバーを併設しているお店で、サバゲー女子の女子会場所としても人気です。

サバゲーに必要なエアガンや装備を持っていなくても、「初心者コース」があってエアガンや弾などはレンタルすることが可能です。800円で体験できる「お試しコース」もあるので、日頃のお仕事でのストレスや運動不足を解消するのにもおすすめです。

バータイムのドリンクやフードメニューも充実していて、ヘタなバーやカフェにいくよりも秋葉原のマニアックスポットを体験することができます。店内のスタッフさんや、サバゲ―経験者さんからサバゲー談義を聞くこともできますしオフ会、イベントの情報も随時チェックすることができます。

 

AKIBA BASE(アキバベース)

【場所/住所】 千代田区外神田4-4-3 秋葉原SILビル3F

※JR秋葉原駅電気街口から徒歩6分、銀座線末広町駅から徒歩2分ほどです。

【営業時間】 11:00~23:00

火曜はBAR TIMEのみ

【定休日】 不定休
【電話番号】 03-5244-4066

※営業時間が終電前までの時間帯となりますので、2次会や1次会からお店を利用することがおすすめです。

 

まとめ

night4

最近秋葉原でも人気のオタクデートコースとしても「シューティングレンジ」はおすすめです。

女性がひとりで行くにはちょっとハードルが高いこともあって、興味はあるけどなかなか足を運べないような女子も多いと思います。そんなサバゲー初心者女子を誘って一緒にシューティングレンジを体験すれば恋のきっかけになることは間違いありません!

 

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

もし秋葉原で終電を逃してしまっても安心してください!
秋葉原で深夜営業のカフェなら?脱オタクで始発まで時間つぶし!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原観光 , ,