秋葉原でのデートを成功させるバー!オタクが本気で恋をしたらココ!

      2018/05/06

bar3


オタク文化の最先端を行く秋葉原も恋愛解禁になったのか、最近はデート事情を知りたいというニーズが増えています。
秋葉原ならではのオタクデートや変わったデートコースなど、オタク女子を意識した話題も多いです。

電車男がブームだった頃と比較しても秋葉原にはおしゃれなお店やバーも増えて、デートに使える場所ができたことも大きいです。
片思いに悩んでいたり、勝負をかけたい時におすすめな秋葉原デートに使えるバー事情についてご紹介させて頂きます(‘ω’)ノ

Sponsored Link


 

秋葉原でのデート事情はどう?おすすめのコースは?

bar3

オタク街秋葉原がデートコースとして人気がでるとは数年前まで予想もしていませんでしたが、最近は秋葉原でデートすることが流行っています。秋葉原事情に詳しいことがモテ要素になったりもして、オタクがモテる時代の到来も期待できます。プロレスオタクやクラゲオタクなどオタク思考の女子も増えていて、オタクの男女比が均等になってくればそれだけ恋愛のチャンスが増えていくとも予想されます。

秋葉原にもおしゃれなカフェやご飯やさんが増えていることもあって、オタクでないカップルでもオタク文化を楽しむために秋葉原でデートをする方も多いです。天気が良ければ、平坦な道が多く歩きやすいので女性にとってもデートしやすいですし、ところどころに変わったお店があるので話題に事欠かないといった意味でも無口なオタクでも安心なのが秋葉原デートの魅力です。

定番デートコースから、ちょっと変わったオタクデートコースまで少しリサーチするだけで、気になるオタク女子を喜ばすことができるデートコースがいっぱいあります。

 

秋葉原でのデートに使えるバーはココ!

Sponsored Link


秋葉原でのデートを成功するために絶対必要なアイテムは「場所」です。つまりは、ロケーション…「雰囲気」「居心地」がデートには最重要事項です。

どんなに甘い言葉よりも、居心地の良さによって女性の心がどんどん開いてきます。デートの成功には、雰囲気作りが一番大切でココを間違ってしまうと、どんな素敵なプレゼントや言葉を用意しても惚れさすことが難しくなってしまいます。とにかく、本気で気になる子を口説くなら場所にこだわってデートコースを組むことをおすすめします。

 

秋葉原でのデートにバーはこだわれ!

source:http:http://www.budouya-wine.com/

source:http:http://www.budouya-wine.com/

普段はカレーやラーメン、牛丼などのオタク飯で空腹を満たしている男子も、本気でデートをするならしっかりとしたお店に行くのがマナーです。

オタク女子でも女の子でいる以上、自分を特別扱いしてくれる男子に惹かれるものです。良い雰囲気でオシャレなお店であればあるほど、女子はときめいて瞳がハートマークになってくるものです。

オタク街秋葉原にも本格的にワインやフレンチを楽しめるお店があって、ここぞという時に利用すれば「ギャップ萌え」効果もあってデートの成功は間違いありません。もちろん、ファッションにも気を使うのは必須で、破れたジーパンやシャツはNGです。

秋葉原フレンチ食堂 ぶどう

【場所/アクセス】 千代田区神田佐久間町2-3秋葉原井上ビル1F

※JR各線秋葉原駅昭和通り口から徒歩1分

【営業時間】 月~金曜日/ 17:30~24:00 (L.O.23:00)

土曜日 /17:30~23:00 (L.O.22:00)

【定休日】 日曜日、祝日
【電話番号】 予約⇒03-5835-2109

バーカウンター席は限定7席なので事前に予約がおすすめです。個室もあるので、恥ずかしかったら個室も使えます。

予算にもよりますが、デートで使うならコースでお任せにしてしまった方が、デートに集中できると思います。ワインに詳しくなくても、人気の銘柄を頼んでおけば失敗は無いです。

食べログやぐるなびなどの情報サイトでも口コミ評価高いですが、知る人ぞ知る裏秋葉原のバーで隠れ家的にも利用できます。

まとめ

night4

縁結びの神様としても有名な神田明神にも歩いていける距離です。気になるオタク女子をオタクデートに誘うなら、バーに寄った後にライトアップを観に行くのもおすすめです。

 

キリスト教とは違いますが、恋に宗教は関係無いです!

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

秋葉原でサディスティックかき氷を食べるならココ!
秋葉原でサディスティックかき氷ならここ!アキバのオタクデートにもおすすめ

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しいオタクドリームの為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原のデート事情 , ,