【オタクで会話についていけない】職場で孤独に襲われた時の攻略法

      2018/12/05

【オタクで会話についていけない】職場で孤独に襲われた時の攻略法


職場のみんながリア充に思えて会話にもついていけず孤独感に襲われ月曜の朝になると憂鬱でつらいオタク「ようやく就職してみたものの、体育会系で和気あいあいな職場の雰囲気が苦手で会話もついていけなくて悩んでいます。毎日仕事が終わる時間ばかり気にするほど、職場での孤独感が辛くて辞めたくなることもあります。オタクであることをからかわれそうで、職場での会話にもうまく参加できず孤独感に襲われることが毎日続くと思うと辞めたくなるんだけど何か対処法はあるのかな…。」

こういった悩みにお答えします(‘ω’)ノ

1週間の大半を過ごすことになる職場での人間関係は、オタクにとってつらい悩みのひとつ。

流し読みであれば3分くらいで読めますが、知っていると知らないでは「モヤモヤ感」に天と地の違いが…。

参考にして頂けると嬉しく思います。

Sponsored Link


職場でオタクが孤独感に襲われるとき

【オタクで会話についていけない】職場で孤独に襲われた時の攻略法

オタクが社会人になると、学生時代とは違った悩みが次々と訪れることがあります。

その一つが【職場での人間関係】。

もちろんオタクで無くても、職場での人間関係に悩む人は多いですがオタクにはオタク特有のつらさがあるとも言えます。

もともと友達がいない(少ない)のに、職場でも新しく人間関係を作るとなると気持ちがおっくうになりますし、最大の原因は【リア充】という現実であることも多いでしょう。

「週末の過ごし方」「営業先でのエピソード」「上司、同僚との飲み会話」「恋人の話」「家族や子供の話」などなど、学生時代にはありえなかった話題が目白押しで劣等感を覚えてしまうこともあります。

管理人も10年近く社畜として社会貢献した経験があるので、職場での人間関係や複雑な心境は手に取るようにわかります。

入社したての頃は、お互いに知らないことばかりで何とか誤魔化せたりもしますが、歓迎会や数か月経つと職場の力関係や派閥、なんとなくのポジションが見えてきて【オタク】であることがバレることも…。

仲良しグループが気になるようになったり、1人で過ごすことになるランチの時間がつらくなったりと、自由を謳歌していたニート時代が懐かしくなってしまうこともあります。

「5月病」が毎年騒がるように、新しい職場に馴染めず辞めるオタクも少なくありません。

決してあなただけでなく、多くのオタクが同じような悩みを抱えています。

職場での会話にうまくついていけなくて孤独感に襲われてしまった時は、焦らずにまずは【深呼吸】して上を向いて見ることを試してみて下さい。

あなたの好きなアニメの主人公(ヒロイン)になりきってみるのもありです。

いつだって挫折はつきもので、この困難をどう乗越えていくのか攻略法を考えるのがオタク流の解決法になります。

 

【オタクで会話についていけない】職場で孤独に襲われた時の攻略法

 

オタクで会話についていけない時の簡単な対処法【職場】

Sponsored Link


 

職場でオタクが会話についていけなく孤独を感じてしまう時、いろいろな対処法があります。

本質的には、会話力をあげてコミュニケーション能力をあげる努力が必要とも言えますが時間もかかります。

同じく、やったからといって必ず解決するかと言えば【相手】あってのことなのでそう簡単なことでもありません。

オタクが職場で会話についていけないという困難は、自らの力で乗りきるべきかなと思います。

良い意味で、オタクはひとりに慣れていることも多く、ちょっとしたコツで疎外感が気にならなくなることもあるでしょう。

無理に会話を合わせようと努力してつまずくよりも、オタクは自分にフォーカスするのがオタク歴長い管理人からのアドバイスになります。

 

①自分は孤独な主人公だと思い込む

【オタクで会話についていけない】職場で孤独に襲われた時の攻略法

オタクであることを無理に隠すことも無いですし、決して卑屈になる必要もありません。

確実に時代は変わっていますし、【昭和】【平成】的な古い価値観に縛られる必要も無いでしょう。

好きなアニメの主人公になりきって、この孤独感、挫折がハッピーエンドへの試練だと思うとだいぶ気持ちが楽になると思います。

職場で自分以外が全員リア充に思えても、もしかしたらまわりはあなたを羨ましく思っているかもしれません。

リア充だからと言って、全く悩みが無いことはありませんし「隣の芝生は青く見える」ものですね。

 

②時間が解決してくれると信じてみる

①自分は孤独な主人公だと思い込む

とにかく焦らず、のんびり構えてみるのも大切になります。

孤独感に襲われて、不安でつらい気持ちもわかりますが、時間が経つと自分と同じような境遇の仲間が職場で見つかることもありますし、同僚でなくても年上とか年下、営業先、クライアントから波長の合う人が現れることだって少なくありません。

それが明日から明後日、数週間後になるかはわかりませんが、時間が解決してくれると前向き考えるのが本質だったりもします。

 

③サボり方を見つける

【卒オタ】オタクをやめたくなったとき後悔しないポイント

あまりにも職場での孤独感が辛い時には、辞めるという選択もありますが最適な解決法にならないこともあって悩みどころです。

辞めるという選択の前に、オタクのスキルを最大限に活かしていかに【サボる】かを追求するのも賢い選択でしょう。

スマホさえあれば、いくらでも情報は集められますし定時で必ず帰れるように工夫するのも大切になります。

時代の流れ的に、オタクが生活しやすい環境になりつつはあります。

仕事よりも自分の趣味に生きがいを感じられるオタクなら、自然と孤独感も感じなくなるでしょう。

 

まとめ

【オタクで会話についていけない】職場で孤独に襲われた時の攻略法

在宅勤務というはまだ少ないですが、10年後には【通勤】という行動がダサくなる可能性だって少なくありません。

職場で孤独感を感じるようなことも、ハッキリ言って古い価値観になってしまうかもしれません。

AIが美容室の予約を出来てしまう時代なので、これからはオタクに会話を合わせないと取り残されてしまうかもですね!

 

オタクはいつでもポジティブ思考で、悩まないのが正義ですよ

 

dummy

 

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

 

オタク同士で悩むなんてもったいないですよ、ほんと
>>【オタク同士合わないと思ったら】距離を置く、断捨離する判断基準は?

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - オタクの人間関係 , ,