秋葉原の待ち合わせでわかりやすい目印やスポットは赤いビルのアドアーズ!

      2018/08/03

alone2


東京観光の中でも人気があるオタク文化最先端の秋葉原駅周辺で、お友達同士や恋人同士、ご家族で街中を散策している最中に迷子になったり、お連れの方と離れ離れになってしまったり、わかりやすい待ち合わせ場所に迷うことがあります。

アキバ観光初心者になれば、なおさら秋葉原駅周辺での待ち合わせ場所、迷子になった時の目印に困ってしまいます。

また、秋葉原駅周辺と言っても秋葉原駅には「電気街口改札」「中央改札口」「秋葉原駅北口」「昭和通り口改札」「中央通り」「昭和通り」「神田明神通り」「蔵前通り」があってアキバ観光初心者は余計迷ってしまいます….。
中央改札口も右なのか左なのか!

今回は、秋葉原の観光スポットの中でも人気の「中央通り」で迷子になった時や待ち合わせする時にわかりやすいおすすめの場所をご紹介させて頂きます(‘ω’)ノ

Sponsored Link


秋葉原中央通りでわかりやすい待ち合わせ場所や目印は?

alone2

秋葉原駅電気街口を出て、多くの方が向かうのがアキバのメイン通りである「中央通り」ですAKB48劇場、ソフマップ、痛車通りにも面していて、多くのオタクショップやメイド喫茶、パソコンショップがあり、日曜には秋葉原で有名な歩行者天国が実施されています。

 

直線距離で800m近くある中央通りには多くのお店があって、ちょっと路地に入ると碁盤の目のような道が多く、一回迷うと迷路に迷い込んだようになります。

この中央通りで待ち合わせや迷子になった時の目印におすすめな場所があります。秋葉原駅電気街口からもすぐで、中央通りでも目立つ場所なのでわかりやすい待ち合わせ場所としても良いです。

 

アキバの中央通りにある赤いビルなら一目でわかる目印に

Sponsored Link


秋葉原駅電気街口改札からすぐのビル3階から10階までが全てカラオケルームというアキバのカラオケビルにある「アドアーズ秋葉原店」。楳図 かずおさんもビックリの赤いビルは、中央通りで迷子になった時や秋葉原電気街での待ち合わせ場所として超おすすめです。

電気街口から出て中央通りにぶつかる角地にあって、1階はガチャやクレーンゲームがあるフロアとなっています。赤に白字で「カラオケ」「ゲーム」と目立つ文字もあるのでわかりやすいです。

red

一人カラオケ専用の部屋やアイドル気分でコスプレが楽しめるコンセプトルーム、大人数でもOKな大部屋とカラオケルームも充実しているので、待ち合わせの時間まで時間つぶしをしたり、迷子の不安な気持ちを解消するのもおすすめです。

 

カラオケアドアーズ秋葉原

【住  所】  

千代田区外神田1-13-1
Akihabara ex※秋葉原駅電気街口から徒歩2分、 赤いビルが目印

【営業時間】 10:00~翌6:00
【定休日】 年中無休
【電話番号】 03-5298-1332(予約問い合わせ)
【料 金】  

平日30分(ワンドリンク~)68円から

※忘年会シーズン980円から

ソフトドリンク飲み放題+980円

アルコール飲み放題+1980円

【サービス】 コスプレ無料■タンバリン・マラカス無料(楽器レンタル)■ヘッドホン無料貸し出し■会員サービス■フードも充実
source:http://www.adores.jp/akiba-karaoke/

source:http://www.adores.jp/akiba-karaoke/

※秋葉原で人気のVRを体験できる企画も!

※ビルの1階、2階はガチャやクレーンゲームが楽しめるゲーセンがあります!

秋葉原にあるカラオケ屋として「アニソン・キャラソン」の配信も充実していて、楽器レンタルもあったりとオタクのニーズに全力で応えてくれているお店です。人気アニメとのコラボイベントも定期的に開催されています。

まとめ

alone2

秋葉原は狭いようで、はじめて訪れる方にとってはすぐに秋葉原の土地勘を覚えるのは困難です。まずは、電気街口方面、昭和通り方面でわけて理解していくことをおすすめします。

お好きなお店があれば、そのお店を中心に覚えていくのも良いです。

昭和通り口なら秋葉原公園が待ち合わせ場所として人気です。

昭和通り口でわかりやすい待ち合わせ場所でおすすめな目印やスポットは秋葉原公園集合!

 

秋葉原で迷った時は冷静に目印を探そう!

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

秋葉原での待ち合わせにも便利な大きい本屋はココ!

秋葉原の本屋で大きいのは?大型書店でオタクにもおすすめはココ!

Sponsored Link



The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原の豆知識 , ,