秋葉原のレトロゲーセンでオタク文化を体験! アキバ初心者にもおすすめな理由

      2018/04/29

gamecenter


世界が認めるオタク文化の最先端を行く秋葉原で人気の観光スポットは、AKB劇場やガンダムカフェ、電気街、神田明神など誰でも知っているような場所になりがちです。

最近は、秋葉原駅前の再開発も本格化してきて、これからホテルがオープンしたり、もしかしたら今後秋葉原にも映画館がオープンしたりとオタク以外の方にも話題が多いです。
しかし、秋葉原のオタク文化を知らずして秋葉原観光を本当に楽しむことはできません。オタク文化発祥の地秋葉原で体験できるオタクスポットをご紹介します(‘ω’)ノ

Sponsored Link


 

秋葉原のオタク文化を体験して日本文化を知る!

gamecenter

世界の電気街として知られる秋葉原ですが、いまは「オタクの街秋葉原」としての認知度の方が高いです。2020年の東京オリンピックに向けて、日本の観光文化推進のためにアキバのアニメや漫画を政府が推していますし、海外からの外国人観光客が秋葉原に来る理由もオタクの街だからです。

 

 

海外の人に日本の良さや日本独特の文化を説明する時に「何」を伝えるか?

今後、もっと多くの外国人旅行者が日本に来ることになるので大きな問題です。そんな時、秋葉原のオタク文化は説明がしやすいです。日本の観光パンフレットや紹介雑誌では実に多くのアニメキャラクターが採用されています。観光だけでなく、普段何気なく見ている日本の広告や雑誌にはアニメキャラや日本独特の魅力的なキャラクターが多いです。

日本に来る外国人観光客はそういった情報をもとに日本について知りたいですし、日本のアニメを政府が利用してイメージ戦略をしているのも明らかです。

日本の本屋に行けば、実用書から専門書まで「漫画でわかる」とか「漫画で学ぶ」などの書籍が多いことからも、日本のオタク文化は生活に溶け込んでいます。

 

秋葉原のレトロゲーセンがオタク文化の最先端だった

Sponsored Link


日本が世界に誇る技術の一つに「ゲーム」があります。TOYOTAやSONY、PANASONICなど世界的に有名なメーカーが日本には多いですが、ゲーム産業の中でも日本のメーカーは高い地位を占めています。

今はレトロゲームに分類されるファミコンで世界的なゲームメーカーとなった任天堂やナムコ、タイトーなど家庭用ゲーム機だけでなくゲームセンター用ゲーム機でも有名なメーカーが多いです。

ゲームの世界大会(Evolution 2017)で日本人が優勝したことが話題になりましたが、海外のゲーマーからも日本のゲーム、ゲーマーは注目されている存在です。日本のゲーム市場が大きいこともあり、日本のゲームメーカーは日夜最新の技術を駆使してゲーム機器の開発をしていますし秋葉原のゲーセンにある最新アーケードゲームはここ数年で相当進化しています。

ゲームセンターあらしの時代のゲーセンしか知らない世代にとっては、今のゲーセンのリアル感や臨場感を体験することで日本のゲーム技術の高さを肌で感じることができると思います。

最近でいえば、VRゲームが一番人気のあるジャンルです。

秋葉原のレトロゲーセンでオタク文化を体験できる!

game2

ゲーセンの激戦区秋葉原には実に多くのゲーセンがあります。人気のクレーンゲームやUFOキャッチャー、最新のゲーム機から昔懐かしいアーケードゲームまで、日本のゲーム文化の最先端を体験することができます。

秋葉原のゲーセンの中でも老舗で、独特なコンセプトで運営している「東京レジャーランド秋葉原」は魅力的です。

 

特に直営店舗の多い秋葉原地区において、それは個性的に映ることもありますが、 逆にそれこそがレジャランの魅力でもあり、定番のものから意外性あるものまで、幅広く展開しております!こちらも直営店舗とは一線を画す、ある意味「中央通りに無いもの」を数多く取り揃えております! 出典:東京レジャーランド秋葉原店

 

お店のキャッチコピーからも、オタク文化の最先端を行く秋葉原でゲーセンを運営している気合が感じられます。タイトーやセガさんなど直営のゲーセンが多い秋葉原の中で、幅広いジャンルのゲーム機種を扱っている東京レジャーランド秋葉原は、ゲームの歴史的発展を感じることができる昔懐かしいレトロゲームも扱っていてオタクで無い人にもおすすめです。

秋葉原のオタク文化を知るには、秋葉原と関係の深いゲーセンを体験することも大切です。秋葉原のゲーム文化の発展を知ることで、オタク文化の背景も感じることができます。秋葉原のレトロゲームは、そんな意味でもアキバの重要文化財です。

 

source:http://llakihabara.sakura.ne.jp/

source:http://llakihabara.sakura.ne.jp/

東京レジャーランド秋葉原

【住  所】 千代田区千代田区外神田1-9-5

※JR秋葉原駅電気街口から徒歩3分、日比谷線秋葉原駅からの徒歩8分ほどです。

【営業時間】 10:00~24:55
【定休日】 年中無休
【電話番号】 03-5298-1360


秋葉原のゲーセンでも珍しく深夜営業もしているゲーセンです。

昭和なレトロゲーム、アーケードゲームだけでなく、最新のゲーム機種や人気の音ゲー、プライズゲームも充実しています。1階から5階まですべてゲーセン、秋葉原のアミューズメントパークです。

 

まとめ

puri1

もちろん、秋葉原にはレトロゲームだけでなくオタク文化の最先端技術を駆使した最新のゲームもあって人気のゲーセンも多いです。

東京レジャーランド秋葉原とは違う直営店ならではの最新機種を知る事で、もっと秋葉原のオタク文化を知ることができます。

アキバのゲーセンを知ることで、ベテランオタクへの一歩を踏み出すことができます。

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

秋葉原のゲーセンを全店制覇がオタク流!
秋葉原のゲーセン!営業時間を知って全店制覇がオタク流!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原とゲーセン , ,