【秋葉原でウルトラマン】怪獣ソフビが売っている店おすすめは?

      2018/10/16

artur-d-582550-unsplash


秋葉原でも人気の声優花澤香菜さんがキャストを務めることでも話題になった、劇場アニメ「GODZILLA 怪獣惑星」。

公開予定は2017年11月17日(金)です。

ゴジラと人気を二分する特撮テレビのヒーローに「ウルトラマン」がいます。
初代ウルトラマン時代の貴重なレア怪獣ソフビやフィギアを求めて、秋葉原には多くのウルトラマンマニアが訪れます。
秋葉原でウルトラマングッズやウルトラマンフィギア、怪獣ソフビを扱っているお店をご紹介いたします(‘ω’)ノ

Sponsored Link


 

秋葉原でウルトラマングッズと言えば?おすすめは?

 

artur-d-582550-unsplash

2016年のシンゴジラ上映から再びゴジラブームで盛り上がる秋葉原は、東京の中でもゴジラグッズが充実しているゴジラショップの聖地。

海外のゴジラマニアも注目する、秋葉原でおすすめのゴジラショップと劇場アニメ「GODZILLA 怪獣惑星」は必見と言えます。

このゴジラと人気を二分する特撮テレビのヒーローに、「ウルトラマン」もいます。

1966年(昭和41年)にテレビ放映を開始した「ウルトラマン」は50年以上愛され続けているヒーローです。

人類を脅かす怪獣を退治するというヒーロー物語の王道で、芸能人の中にもウルトラマンファンが大勢存在します。

有名なお笑い芸人や俳優、声優さんの中にウルトラマンファンが多いことから、「ウルトラマン大好き芸人」(アメトーーク)を実現して欲しいという声も多いですが…。

ultraman3

テレビ局の大人的な事情でまだ実現されていません。

特撮物、怪獣シリーズ好きの秋葉原でも、多くのウルトラマンマニアが存在していて、年に数回はウルトラマンのコスプレをして秋葉原駅周辺を歩いている人を見かけます。

ウルトラマングッズと言っても、フィギア、怪獣ソフビ、コスプレ、ポスター、DVDなど..多くのウルトラマン関連グッズがあります。

 

秋葉原でウルトラマン怪獣ソフビならラジオ会館

Sponsored Link


秋葉原の人気観光スポットである「ラジオ会館」には、ウルトラマンのフィギアや怪獣ソフビを取り扱っているお店が多くあります。

フィギュアの聖地秋葉原でウルトラマンを探すなら、ウルトラマングッズを扱うお店が多く入っている「ラジオ会館」を見学してみることがおすすめです。

Source:https://twitter.com/akibaradikan

Source:https://twitter.com/akibaradikan

 

ウルトラマンフィギア、怪獣ソフビなら「あみあみ秋葉原」ラジオ会館店

ultraman3

ラジオ会館の4階にある「あみあみ」さんは、通信販売中心で営業していましたが実店舗を秋葉原に2店舗オープンしています。

とにかく多くの商品数があって、レアなフィギアやキャラクターグッズもあります。

ウルトラマン怪獣シリーズのソフビフィギアやグッズも多数扱っていますので、お目当てのウルトラマンフィギアに出会える可能性も高いです。

ウルトラマン以外にも「ゴジラ」「ガメラ」「ガンダム」「仮面ライダー」関連のグッズも多く迷ってしまいます。

source:http://www.amiami.jp/top/

source:http://www.amiami.jp/top/

【アクセス】千代田区外神田1-15-16 秋葉原ラジオ会館4階

【営業時間】

10:00 ~ 20:00

【定休日】年中無休

【電話番号】03-6260-9100

通販中心の商品もあるため、実店舗と取扱商品や価格が異なる場合があります。

※近隣に、あみあみ秋葉原店2ndもあります。(千代田区外神田1丁目11-5 スーパービル3F・4F)

まとめ

tetbirt-salim-696162-unsplash

ウルトラマンといえば活動時間が「3分の男」としても有名。

この3分間という制限時間の由来は、当時の人気格闘技ボクシングにおける1ラウンドの試合時間、長嶋茂雄の背番号などからヒントを得たとのことです。

日本男児にとって「3分間」は神秘的な制限時間なのです..。

つまり、男性は3分持てばOKという解釈でも良いでしょうか!

 

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

 

オタクの断捨離も秋葉原では大問題です
>>フィギュアやぬいぐるみの供養はどうする? オタクが断捨離する時の方法は?
Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原のフィギュア事情 , ,