【オタクとバレンタイン】チョコだけよりも彼氏がきゅんとなるヤバい裏技

      2018/11/20

crew-56839-unsplash


バレンタインに本命の彼氏にチョコだけでなくプレゼントをあげたいけどオタクなので迷っている人「オタクな彼氏にバレンタインのチョコをあげるんだけど、喜びそうなプレゼントは何があるのかな。バレンタインにチョコだけだと寂しい気もするので、何かプレゼントしたいんだけどオタクな彼氏だとどんなものが良いかな。バレンタインにプレゼントも考えているんだけど、どうしても予算もかけられないので悩んでいます…。」

こういった疑問にお答えします(‘ω’)ノ

オタクカップルも多い秋葉原。

オタクな彼氏を喜びそうなプレゼントに悩む女子も多いでしょう。

流し読みであれば3分くらいで読めますが、知っていると知らないでは「ヲタ恋」に天と地の違いが…。

参考にして頂けると嬉しく思います。

 

Sponsored Link


バレンタインにオタクな彼氏にチョコだけでもOK?

crew-56839-unsplash

彼氏がオタクだろうと、非オタであろうと【バレンタインにチョコだけでも良いのか?】という悩みを抱える女子は多いと言えます。

彼氏の年齢や、社会人か学生の違いなどカップルの状況にもよって考えた方は違いますが、チョコだけでも全然OKだと思います。

プレゼントが無いと彼氏が落ち込むと思っている女子もいますが、そもそもそんな彼氏だと長く付き合うのは難しいでしょう。

いわゆる【クレクレ彼氏】は、彼女が何かしてくれることが大切で自分で彼女を喜ばそうとする気持ちが少ないこともあります。

年齢が高くなるにつれて、【お金】をかけることが愛情の表現のような錯覚にもなりますが、高いものをプレゼントしたからと言って相手が必ず喜ぶとも限りません。

相手が本当に欲しいと思っている物をあげるなら喜ぶかもしれませんが、あくまでも【一瞬】でヘタをするとプレゼントが無いと喜ばなくなる可能性すらあります。

どんな恋愛ドラマや漫画、映画を観ても「きゅん」となるポイントはシンプルで、お金なんていりません。

もちろん、いろいろな考えを持っている男子がいるので絶対ではありませんが、本当にオタクな彼氏なら【モノ】よりも【ココロ】を動かすプレゼントがおすすめになります。

オタクな彼氏であればあるほど、オタク的なシチュエーションこそ最高のプレゼントになると言えます。

 

 

バレンタインでオタクな彼氏を喜ばせる最高のプレゼント

Sponsored Link


バレンタインで定番の【手作りチョコ】でも彼氏は喜ぶと思いますが、冷凍保存しないかぎりいつか腐りますし食べたら終わりです。

目の前でチョコを食べてくれる喜びもありますが、もっと彼氏の心に残って、男子ならおそらくずっと大切にするだろうプレゼントがあります。

ずばり!

「メッセージカード」。

手作りチョコ以上に、手書きで彼氏に向けたメッセージを書いた手紙はだいぶヤバいプレゼントになります。

オタクな彼氏は、自分のために書いてくれた手紙を何度も読み返して、どんどんあなたを好きになっていく可能性もたかくなります。

これは一種のマインドコントロールで、まさに禁断のテクニック!

オタクには【活字】で攻めるのがポイントで、手作りよりも【手書き】がおすすめになります。

絵文字なんかを活用して、ラインやメールとは違った愛の告白で、ヲタ恋も最高潮間違いないでしょう!

メッセージカードとペンさえあれば大丈夫なので、予算がかけられない女子にも嬉しい裏技です。

freddy-castro-133326-unsplash

 

 

まとめ

christopher-sardegna-1733-unsplash

【東京ラブストーリー】とか昔に流行った恋愛ドラマが人気になることもありますが、携帯が無い時代の恋愛事情を理解できない世代も多くなっています。

彼氏や彼女が待ち合わせ場所にこなくて、何時間も待っているなんて今では信じられないしツッコミどころも満載です。

逆に今は、既読無視や、メッセの折り返し時間でイライラするほど【せっかち】になっている現状もあります。

「AI」や「VR」が進化することによって、恋愛事情がどうなっていくのか楽しみなようで怖くもありますね…。

出会い系で知り合って、メールのやり取りをしている相手が「AI」なんて日も近いでしょう。

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

バレンタインに秋葉原でデートをするならおすすめのコースがこちら。
>>秋葉原の面白いオタクデートならおすすめは? 夜まで楽しむならこれ!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原とバレンタインデー , ,