東京でオタクの聖地に一番近い名所がエモい!

   

kami4


「otkau」が世界でも通用する表記となりつつあり、東京でオタクの聖地や名所、遊び場を探す人が増えています。
もちろん、東京でオタクの聖地といえば当然「秋葉原」ですが、都内の3大オタクスポットとして知られる池袋や中野も有名です。

東京のオタクの聖地として多くの観光客も訪れる秋葉原ですが、まさに聖地の中心地と言うべき場所にオタクの名所があります。

オタクの聖地で愛をさけぶべき秋葉原の名所についてご紹介させて頂きます(‘ω’)ノ

Sponsored Link


東京でオタクの聖地に一番近い名所は駅の中!

kami4

オタクの聖地として世界的にも有名な東京秋葉原には、まさに秋葉原の中心地「駅構内」にオタクスポットがあります。
駅から出ることもなく、オタクの聖地を体験することができるので、東京観光で一人や女性でも気軽に楽しむことができる場所です。

秋葉原には数多くのオタク向けのお店やスポットがありますが、駅構内からオタク文化を楽しむための「入口」があるので、東京でオタク体験をするなら行くべき場所はやはり秋葉原がおすすめです。最近は、海外からの外国人観光客もだいぶ増えていますし、外国人のお友達がいて気になったあなたにも推薦します。

秋葉原駅構内には、オタクスポットの他にも、オタク飯や歴史を知ることができる名店もあって、ちょっとしたぷちオタク旅気分も味わえます。

 

東京でオタクが行くべき聖地は駅ナカ!

Sponsored Link


 

東京のオタクの聖地「秋葉原」の中心地駅構内には、オタクスポットとしてトレカを専門に扱う「ブシロードTCGサービスステーション」とアニメグッズなどを扱う「コトブキヤエキナカ秋葉原」があります。

どちらも、駅構内ホーム上にあるとても小さなお店ですが、トレカとアニメグッズというオタクに人気なアイテムを取り扱っていて秋葉原の観光名所のひとつです。

 

ブシロードTCGサービスステーション
busi

【場 所】 JR秋葉原駅構内 総武線上りホーム上(5番線)

あんぱん定食で有名なミルクスタンドさんの並びです。

 【営業時間】 ■月~金  11:00~21:00

■土日祝日  10:00~20:00

ブシロードから発売されている商品が購入できるほか、郵送で受け付けている「金銀キャンペーン」「ゲット!トレジャーキャンペーン」などの各キャンペーンのポイント交換ができます。
毎週新商品のレアカードが展示されていて、トレカマニアにはたまらないオタクスポットとなっています!

 

コトブキヤエキナカ秋葉原

【場所/アクセス】 千代田区外神田1丁目 JR秋葉原駅 総武線 御茶ノ水/新宿方面行き 5番線ホーム

※駅ナカで有名なミルクスタンド、ブシロードTCGステーション並びです

【営業時間】 10:00~21:00
【定休日】 不定休
【電話番号】 03-6694-5292
source:https://twitter.com/koto_ekinaka

source:https://twitter.com/koto_ekinaka

2016年9月に秋葉原駅構内にオープンした「コトブキヤエキナカ秋葉原」さんは、千代田区外神田1-8-8(中央通り近く)にある「KOTOBUKIYA秋葉原館」に続いて秋葉原に2店舗目となるお店となります。以前は「無印良品」さんが出店していました。

お店のある場所は、JR秋葉原駅総武線5番線ホーム(御茶ノ水、新宿方面行)にあります。東京駅から秋葉原駅に来た場合には「山手線」「京浜東北線」の方はホーム降りて総武線5番線ホームへ、中央線(各駅停車」で来た方は、新宿方面の前の方の車両だとアクセスしやすいです。

駅構内ということもあり、店内の広さは6畳のワンルームくらい?です。秋葉原館やオンラインショップで扱っている全グッズを扱っているわけでは無いですが、人気の「スター・ウォーズ」や「スタジオ ジブリ」のグッズ、お土産用のお菓子などが充実していて観光気分も味わえます。

 

まとめ

alone5

東京でオタクの遊び場としても人気がある秋葉原には初心者からマニアの方まで楽しめるスポットがあります。

一日ですべてを楽しむのは難しいですが、ちょっとした「オタク体験」なら秋葉原駅構内でも十分に雰囲気を楽しむことが可能です。

一人旅や、ちょっとした時間つぶしにもぜひ参考にしていただければ嬉しく思います!

 

 

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

秋葉原駅構内の詳しい事情はこちらの記事が詳しいです!

秋葉原の駅ナカでもお土産!アニメもatmだって揃うオタクな場所

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原とオタク文化 , ,