エモいの意味と使い方!オタクならマジでこう使う!

      2018/09/17

ben-white-128604-unsplash


オタク文化の最先端を行く秋葉原で最近流行の新語が「エモい」です。
秋葉原では数年前から何気なく使っていたのですが、新しいトレンドワードになっていて驚きです。

確かにツイッターや2ちゃんでも頻繁に「エモい」が使われるようになっていてオタク界隈でも日常語になりつつあります。
今後も平成に生まれた言葉として歴史に残るであろう「エモい」の意味と使い方についてオタク目線からご紹介させて頂きます(‘ω’)ノ

Sponsored Link


エモいの意味と使われ出したのはいつごろから?

ben-white-128604-unsplash

最近ツイッターやLINE、ネット上でも頻繁に使われるようになった「エモい」という言葉は、秋葉原にもある大型書店「三省堂」の「今年の新語2016」で2位にランクインしたことから注目されるようになりました。

言葉の意味としては、英語の「emotional」を由来としていて「感情が動かされている模様」「感情が高まって強く心が動いている」ような意味の形容詞です。

同じような言葉に「ヤバい」という表現方法があって「ヤバい ヤバい」なんて日常語をオタクでも使っています。

もともとは音楽の世界から生まれた言葉で、秋葉原がオタク街になる前の1980年代から使われていました。

80年代から30年以上も経った2016年になぜ「エモい」が頻繁に使われるようになったのかは、コレといったしっかりとしたデータがあるわけではないですが「ニコ生」や「YouTube」の普及が影響しているとオタク目線からは予想しています。

debby-hudson-544369-unsplash

音楽のジャンルである「エモーショナル・ハードコア」から派生しているとも言われる「エモい」の表現が、ニコ生やYouTubeなどを通じて新しい音楽を知ったオタクを通じて拡散したという仮説です。

ボカロやアニソン好きの中には音楽に詳しいオタクもいて、「エモーショナル・ハードコア」が分類されるパンクロックやロックに通じている人も多いです。

 

そんな背景の中で、何とも表現できない感情を「エモい」という言葉を使うことによって代用できたと推測されます。

 

若者言葉として紹介されることもありますが、ここ最近は世代を超えて使われている印象もあります。

 

⇒オタクに対する知識があまり無い方は、オタクの基礎知識として、次の記事に少し目を通し頂けるとお役にたてると思います。

 

エモいの使い方はコレ!オタクならアキバでこう使う

Sponsored Link


「エモい」という言葉は音楽の世界から生まれた表現方法なので、本質的には「ボカロ」や「アニソン」などの神曲と言われるような感情を揺さぶる曲に使うことが正しいです。

「このボカロ、超エモい!」

「エモいアニソンなら何がおすすめ?」

なんて使い方が本来です。

秋葉原に良くいる女子高生なら「前前前世って超エモいよね♪」とか「西野カナ エモくない~」なんて感じです。

tetbirt-salim-696162-unsplash

ただ、実際には音楽だけにエモいを使うことはまれで日常会話でも頻繁に「エモい」が使われるようになっています。

言葉に正しいも間違いもなく、伝われば会話として成立するのですが、「エモい」に関しては、とにかく感情を揺さぶられた時に使えば問題ないです。

 

秋葉原のオタクが「エモい」を使うとしたら、代表的な「秋葉原あるある」を例にご紹介します。

友達 迷子になったんだけど

 

俺  いまどこにいるんだ

 

友達 ソフマップの前

 

俺  お、おう…エモいな

 

 

感情を動かされる出来事やハプニングがあるたびにエモいを使えば、なんとなくオタク感がにじみ出ておすすめです。

 

まとめ

raj-eiamworakul-603747-unsplash

秋葉原には多くのエモいオタクスポットがありますが、エモいオタクも多いです。

いろいろな趣味嗜好を持っているオタクと知り合えるのが秋葉原の魅力ではありますが、たまにカルチャーショックを受けることもあってエモいです。

最近秋葉原に増えている外国人観光客の方も「エモい」を使うようになったらエモいです。

 

秋葉原でのエモいの使い方は簡単!

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

コミケで必要な紙袋もエモいアレがおすすめです。

コミケの紙袋もおしゃれに!紳士袋よりも秋葉原のアレがおすすめ!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原とオタク文化 , ,