東京観光で外国人のオタクにおすすめは?クールなココがヤバイ!

      2018/09/21

tianshu-liu-377461-unsplash


東京観光で海外から遊びに来る外国人のオタクも多いです。

オタクの祭典「コミケ」も世界的に知られるようになって、外国人用のブースがあったり海外から参加するオタクも増えています。

SNSなどを通じて外国人のオタクとお友達になったものの、東京観光でどういったところが喜ばれるのか困ってしまうことも…。

オタクの聖地といえば、世界的にも秋葉原が有名ですが、秋葉原以外でもオタク向けのおすすめな場所も!
東京観光としても楽しめる外国人のオタク向けのスポットについてご紹介させて頂きます(‘ω’)ノ

Sponsored Link


東京観光で外国人のオタクが喜ぶのは日本文化!

tianshu-liu-377461-unsplash

外国人のオタクだからといって、東京観光で「アニメ」や「ゲーム」だけを知りたいと思っていることは少ないです。
日本が生みだした「アニメ」や「ゲーム」文化の背景にある日本文化を体験してみたいと考えていることが多く、オタクの聖地秋葉原に来る外国人も、侍や忍者、着物などの日本的なアイテムが人気です。

アニメやゲームはネットなどを通じて知ることができますが、実際に日本に観光でこない限りわからない畳や障子、駄菓子などの日本文化は新鮮で喜ばれることも多いです。

外国人とお友達になって、その人がオタク的趣味が強い時には、オタク要素もあって日本文化をしることができるような場所がおすすめです。

秋葉原からも近い、両国国技館や上野公園、浅草なども、キン肉マンなどの聖地巡礼先として紹介するのもありですし、吉野家で牛丼を食べたりすることも喜ばれることがあります。(もちろん、アニメ好きが前提になりますが…)

 

 

東京観光で外国人のオタクが喜ぶクールな場所!

Sponsored Link

最近は、東京観光に来る外国人の人気スポットといえば渋谷のスクランブル交差点ですが新宿も根強い人気があります。

東京都庁や歌舞伎町のロボットレストラン、ゴールデン街や新宿2丁目など外国人が多く遊びにくる人気スポットが多く、外国人向けのメニューや情報も充実しています。秋葉原からも新宿までは中央線や総武線ですぐにアクセスできるので、秋葉原観光のついでに立ち寄ることも人気です。

そんな新宿で、外国人のオタクにも喜ばれるスポットとしておすすめなのが「サムライミュージアム」です。

 

albert-dera-326567-unsplash

 

東京観光で外国人のオタクが喜ぶサムライを体験でござる!

ismael-abelleira-724595-unsplash

秋葉原でも人気で海外にも知られているアニメのひとつに「るろうに剣心」があります。

海外でのタイトルが「samuraiX」ということもあって、海外のオタクにもクールなアニメとして知られています。

るろうに剣心のテーマである「侍」を体験できる新宿のオタクスポットが「サムライミュージアム」。

「武士道」という言葉があるように、日本文化を知る上でもサムライの美学を学ぶことは大切です。

サムライミュージアムでは、鎧兜を実際に身に着けたり、殺陣ショーを見学したりすることができて、「samuraiX」の世界を体験することができます。

 

サムライミュージアム(SAMURAI MUSEUM)

source:https://twitter.com/MuseumSamurai/media

source:https://twitter.com/MuseumSamurai/media

sm2

sm3

【アクセス】新宿区歌舞伎町2−25−6 永和第6ビル  ※JR各線新宿駅東口から徒歩8分

【営業時間】

10:30-21:00

【定休日】不定休

【電話番号】03-6457-6411

 

入場料

«大人» 1,800円

«12歳以下» 800円

«3歳以下» 無料

 

まとめ

ben-white-128604-unsplash

現在の東京の歴史にも大きな影響をあたえた鎌倉から江戸時代のサムライを知ることで東京観光をより深く楽しむことができます。
派手なロボットレストランも良いですが、外国人のオタクといっしょに行くならサムライミュージアムなど江戸時代の雰囲気を楽しめる場所がおすすめです。

 

外国人のオタクにはsamuraiXが人気!

 

dummy
本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

神秘的体験を外国人のお友達が楽しむならココもおすすめ!

秋葉原観光で有名な神田明神は何の神様?属性は?

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原近くのオタクスポット , ,