渋谷で暇つぶし!デートでオタクが行くなら絶対ココ!

   

uranai3


渋谷で暇つぶしをする事情にはいろいろありますが、二人の関係に悩むカップルもデートする場所に悩むこともあります。
どこに行っても同じような感じで刺激が足りない、二人で無邪気に楽しめるような場所がいいなんて思いながらダラダラしてしまうことも。

とくに、慣れない場所でデートをしたり二人の関係が浅い時には会話のネタが尽きてしまって気まずいなんてことも。
オタク街秋葉原でもオタクデートが注目され出していますが、流行の最先端渋谷でもオタクなあなたがデートで行くべきおすすめがあります。

渋谷のデートで行く場所に迷ったあなたに最適な暇つぶし場所をご紹介させて頂きます(‘ω’)ノ

Sponsored Link


渋谷で暇つぶし?デートにオタクが使えそうな場所はどこ?

uranai3

渋谷で男女が暇つぶしをすることを検討するパターンにはいろいろなシチュエーションが考えられなくもないですが、オタクにとっては行く場所がわからず迷ってしまっているケースが多いです。スクランブル交差点、109、クラブで有名な渋谷はどこもイケイケなカップルが多いですし、オタクカップルにとっては近寄りがたい場所が多かったりすることもあります。

かといって、オタク男子にとってはヒヨッテダメな自分を見せるわけにはいかないので頑張りたいところです。

渋谷は、遊ぶ場所やカップルが楽しめそうなスポットもいっぱいありますが、奥手な男女が楽しめる場所を探すのは一苦労することも多いです。とくに、秋葉原などのオタク街でしたらすぐに見つかるような無難な暇つぶし場所もなくて迷いガチです。

オタクデートで使えそうな場所としておすすめなのは、無料や安い料金で行ける公園やテーマパーク、デパートの屋上などです。下手にカフェなどに入ってしまうと、落ち着くこともできず金額も高かったりと失敗してしまうことがあります。

渋谷でのオタクデートには、事前に下見するなど入念なリサーチも大切です。

 

 

渋谷での暇つぶしをデートでオタクがするならココ!

Sponsored Link


渋谷での暇つぶし場所を考えるカップルにとっては、ありふれたカフェや漫画喫茶、映画ではつまらないです。
かといって、道玄坂のホテル街に行くのも違うし、もっと二人で時間を共有したいんだ!という気持ちが強いと思います。

そんなあなたにおすすめな場所が「卓球場」です。

「卓球」というスポーツは、一般的な視点から見ると「暗い」「目立たない」「幽霊部員」といったイメージで「稲中卓球部」の印象も強いです。

今でこそ、オリンピック選手の愛ちゃんやかすみんなどかわいい女子卓球選手も多くイメージアップしていましたが、ひと昔前の卓球部と言えば「オタク」的扱いの典型でした。

ただ、最近は六本木にも卓球バーが登場したりと卓球人気も急上昇中で、元帰宅部や幽霊部員だった卓球部員が活躍できるチャンスが広がっています。

流行の最先端渋谷にも卓球ができるスペースがあって、カップルで汗を流して素敵な時間を過ごすことができます。もちろん、盛り上がった後は…。

 

帰宅部、幽霊部員だったオタクも活躍できる渋谷卓球倶楽部

ping

スポーツが苦手な男女でもそれとなく楽しめる「卓球」なら、白い球をお互いに打ちあう共同作業で「愛」を深め合うことも簡単です。
しりとりや山手線をしながらとか、普段とは違う非日常が味わえておすすめです。

⇒渋谷卓球倶楽部

【場所/アクセス】  渋谷区渋谷1-14-14 EST渋谷東口会館
【営業時間】  10:00-翌5:30
【定休日】  年中無休
【電話番号】 03-3409-9810

 

料金

月-金 10:00-19:00 700円/30分  19:00-ラスト 1000円/30分

土日祝日 オールタイム 1000円/30分

※シューズの無料貸し出しもあるので、どんな靴を履いていても大丈夫です。

 

 


まとめ

dnjyo

ふだんからスマホやパソコンなど「電磁波」に囲まれて生活している時は、少しでも電磁波から離れた時間を過ごすだけでだいぶ身体の負担が減るという調査結果もあるようです。

長い目で見て、無線や通信が人体に与える影響がどのようなものかわからないことも多いので、脱電磁波な時間を作ることもおすすめします。

 

渋谷での暇つぶしで脱電磁波な時間を作るのも健康的!

 

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

渋谷での暇つぶしデートの下見にもおすすめ!
渋谷で遊び!もしも友達がオタクだったら迷わずココ!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - オタクの時間つぶし , ,