秋葉原のジャンク通りで遊ぶ!女性におすすめな場所まとめました!

      2018/07/11

alone5


オタク文化の最先端を行く秋葉原には「名所」と呼ばれるような人気観光スポットがいくつもありますが「ジャンク通り」もそのひとつです。
秋葉原らしいオタク感満載で、パソコンショップやらメイドカフェやらオタク飯のお店があったりと狭い通りの中にいくつものジャンク店が密集しているエリアのことです。

どちらかというと男性向けのオタクスポットと思われがちですが、女性でも楽しむことができるお店が増えつつあります。
はじめて秋葉原観光や遊びを体験したいオタク女子やノーマル女子にもおすすめしたいオタクスポットのひとつ「ジャンク通り」についてご紹介させて頂きます(‘ω’)ノ

Sponsored Link


 

秋葉原のジャンク通りの場所や見どころは?

alone5

秋葉原の「ジャンク通り」と言えば、パソコンやジャンクパーツ、メイドカフェや男性向けのリフレやオタク飯のお店が多く、どちらかというと男性向けのオタクスポットというイメージもあります。秋葉原に生息するオタクの出没率も高いですし、昔からジャンク通りを徘徊する人こそアキバのオタクといった伝説もあります。

ただ、ここ数年秋葉原の男女比率が変化しつつあって、オタク女子や非オタな女性も多く遊びにくるようになりました。それにともなって、秋葉原にも女性向けのお店が増えましたし明らかに街全体も綺麗になっています。

ジャンク通りも例外ではなくて、女子中高生に人気な原宿の竹下通りのような雰囲気を楽しめる場所とでも表現できる「オタクスポット」として、女性にもとくにおすすめしたい場所です

ジャンク通りの場所については、詳しくまとめていますので次の記事を参考にして頂けると嬉しく思います。

 

秋葉原のジャンク通りで女性におすすめなスポットまとめ!

Sponsored Link


ジャンク通りのおすすめといっても、短い距離の間に多くのお店がひしめき合っていてすべてご紹介するのは現実的ではありません。まずは、実際に歩いて頂けると雰囲気を感じて頂けると思います。ただ、それでは話が終わってしまいますので、ジャンク通りの中でもアキバに興味がある女性向けのおすすめスポットについていくつかご紹介させて頂きます。

ひとりでもお友達同士でも楽しめるお店やスポットを取り上げてみますので、実際に足を運んで頂けると嬉しく思います!

 

秋葉原で女子に人気な遊びは「クレーンゲーム」!

ufo

オタクの街秋葉原で人気がある遊びのひとつが「ゲームセンター」で、その中でも「クレーンゲーム」は女性ファンが多いです。かわいいキャラグッズやぬいぐるみを取ることができれば楽しい体験になりますし、秋葉原にはクレーンゲームがいっぱいでハマること間違いないです。

ジャンク通りの入り口にある「秋葉原クレーン店」は、女性に人気なフィギュアやグッズも多いです。

 

ジャンク通りで小腹が空いたら「クレープ」でしょ!

kurepu

秋葉原観光での楽しみには「スイーツ」も必要です。ジャンク通りで歩き疲れた時や小腹が空いた時には、クレープやアイスなど女子力高めなスイーツで休憩がおすすめです。ジャンク通りを行きかう人を眺めながら、秋葉原ならではの雰囲気をお楽しみください!


ファッション、コスプレ好きなら絶対ここ!

make2

秋葉原に興味を持つ女性にはコスプレ好きが多いです。アニメキャラや映画のヒロインになりきることができるコスプレは、非日常を体験できますし、変身願望が強い女子にとっては最高のストレス解消です。

ジャンク通りに新しくオープンした「モードオフ」は、老舗PCショップ「PCNET」跡地に堂々と誕生した新コスプレスポットです。近くにある「ハードオフ」は男性向けですが、モードオフなら女性でも楽しくなるコスプレ衣装がいっぱいです。

 

モードオフ 秋葉原店

mode

【アクセス】千代田区外神田3-8-1

【営業時間】11:00-20:00

【電話番号】03-6206-9267

 

 

まとめ

sumaho5

あえてお伝えすると、ジャンク通りは平日の昼間に行く方が人も比較的少なくて移動もしやすいです。

ただ、休日の何とも言えない「お祭り感」も魅力のひとつなので、オタクデートやお友達と出かける時には土日もおすすめです。

秋葉原のオタク文化を体験できる場所としても「ジャンク通り」は、オタクの指定重要スポットです!

 

秋葉原のジャンク通りでリアルオタク体験!

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

 

秋葉原の安いお店が多いのもジャンク通りです!
秋葉原の情報はオタクから!安い、初売りイベントまとめ!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原の面白いスポット , ,