【ガンプラショップ】ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロア【体験】

      2019/08/07

【ガンプラショップ】ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロア【体験】


池袋駅周辺でガンプラやガンダムグッズを探す予定なんだけど、安くて品揃えが良いガンプラショップについて詳しく知りたい人

この記事では、ガンダムのプラモデルやフィギュア、グッズを安く探したくて品揃えがよいショップを知りたい人が気になることについて、ステマ無しで解説します<(_ _)>

池袋でガンダムを探す時には、必ずと言っていい程紹介される【ガンダム専門フロア】があるヤマダ電機があります。ガンダムファンも多く訪れる「ガンダムフロア」を抑えるだけでもぶっちぇけ良いかなととも思います。(※中古はありませんが…。)

 

流し読みであれば2分くらいで読めますが、知っていると知らないでは「モヤモヤ感」に天と地の違いがあると思います…。

 

参考にして頂けると嬉しく思います(‘ω’)ノ

Sponsored Link


池袋駅東口から徒歩2分

池袋駅東口と言っても、かなり広いので微妙ですがパルコ側の「池袋駅東口北」からだと1分前後でアクセスできて便利です。

地下街ともつながっていて、雨の日でも濡れずに利用できるので天候が悪い日の暇つぶし場所としても利用できます。

正式名称は『ヤマダ池袋アウトレットリユース&タックスフリー館』と長い店名。

 

東京3大オタクスポットとしても知られる池袋ですが、秋葉原と違って地下街が充実しているので雨の日でも快適にオタ活ができる特徴があります。

 

 

【ガンプラショップ】ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロア【体験】

 

 

 

 

ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロアの口コミ・レビュー

Sponsored Link


『ガンダムフロア』というだけあって、ガンプラはじめガンダムグッズやフィギュアの品揃えはかなり良い場所でぶっちゃけ秋葉原のヨドバシよりも揃っている感あります。

管理人の周りにいるガンプラオタクも足を運ぶことが多く、秋葉原で数店舗はしごするよりかは効率的にガンプラを探すことができると思います。

中古やレアなヴィンテージものは無いですが、現行のガンダムグッズの品揃えなら間違いなく都内でも飛び抜けて良いと言えます。

 

【ガンプラショップ】ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロア【体験】

 

7階のワンフロアが全てガンダム関連で、専門店と言っても過言ではない感じ。

できれば、秋葉原のヤマダ内に作って欲しかった場所です。

 

 

【ガンプラショップ】ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロア【体験】

ガレージキットから書籍、フィギュア、グッズなど現行のガンダム関連ならなんでも揃う感じで秋葉原でもここまでの品揃えがあるショップは無いかなと思います。

 

【ガンプラショップ】ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロア【体験】

フィギュアコーナーも充実でかなりの品揃え。

 

 

ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロアの口コミ・レビューまとめ

 

ガンプラを中心に、公式ツイッターでもガンダムフロアの様子はわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ヤマダ池袋アウトレットリユース&TF館ガンダムフロア】へのアクセスと店舗情報

【ガンプラショップ】ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロア【体験】

 

【営業時間】 10:00~22:00
【定休日】  年中無休
【アクセス】 JR各線池袋駅東口から徒歩2分
【住所】 豊島区東池袋1丁目41-1
【電話番号】 03-5958-7770

 

 

 

 

まとめ

【ガンプラショップ】ヤマダ池袋アウトレットリユース館ガンダムフロア【体験】

いかかがでしたでしょうか?

ヤマダ池袋ガンダムフロアのガンプラ事情についてご紹介しました。

 

現行のガンプラやグッズを探すなら、秋葉原よりも充実している感もありますが「中古」や「レア」、塗装関係などの工具に関してはまだまだアキバの方が良いかなという気もします。

秋葉原はガンダムを扱うショップも多いし、何と言っても「聖地」としてのオーラを感じられて飽きない感じがあります。

 

 

 

秋葉原を20年以上徘徊しているオタクのレポートでした(‘ω’)ノ

参考にして頂けると嬉しく思います。

 

 

本日も、最後までご覧いただきましてありがとうございました<(_ _*)>

 

 

 

秋葉原でガンプラを探す時の注意点についてまとめてみました。

>>【2019】秋葉原でガンプラを探す前に絶対チェックすべきポイント

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しいオタクドリームの為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 池袋のオタクスポット , ,