アキバで待ち合わせなら?駅近でわかりやすいカフェならココがおすすめ!

      2018/02/06

oyako2


アキバで待ち合わせなら?駅近でわかりやすいカフェならココがおすすめ!





東京観光の中でも人気のあるオタクスポットが多い秋葉原駅近くでお友達同士や恋人同士、ご家族で集合する時に、待ち合わせでわかりやすい場所に迷うことがあります。アキバ観光初心者ともなれば、なおさら秋葉原駅周辺での待ち合わせ場所に困ってしまいます。

また、秋葉原駅周辺と言っても秋葉原駅には「電気街口改札」「中央改札口」「秋葉原駅北口」「昭和通り口改札」があって余計迷ってしまいます….。中央改札口も右なのか左なのか!

秋葉原駅近くでも比較的空いていて便利なカフェについてご紹介します(‘ω’)ノ

おしゃべりが先?秋葉原で待ち合わせなら駅近のカフェ

 

oyako2

秋葉原と言えば「世界有数の電気街」としての方が歴史的にも、世界的にも有名で日本三大電気街としても広く認識されています。(秋葉原、大須、日本橋)

オタク文化の最先端を行く秋葉原でも、まだまだ「電気街」とイメージする方の方が多いです。「オタク」「アキバ系」というイメージが浸透してきたのは1990年代後半からで、歴史としてはまだ古くはありません。

 

2020年開催の東京オリンピックの影響もあって、世界各地から外国人観光客も訪れ、東京観光の人気スポットでもある秋葉原の中でも「電気街」は人気です。秋葉原にはじめて訪れる方も、真っ先に向かうことが多いのが電気街です。

秋葉原での待ち合わせも「電気街」へ行くのに便利な「電気街口」が良いようにも思えます。たしかに、ただ待ち合わせをするだけなら電気街口での待ち合わせがおすすめですが「カフェ」で待ち合わせとなると電気街口よりも良い場所があります。

 

秋葉原で待ち合わせに空いてる穴場カフェならココ!

Sponsored Link


 

 

秋葉原駅近くと言っても秋葉原駅には「電気街口改札」「中央改札口」「秋葉原駅北口」「昭和通り口改札」があって、アキバ初心者にはわかりづらいですし、秋葉原に慣れている方でも電気街口しか詳しくない方も多いです。

秋葉原のカフェで待ち合わせをするなら、おしゃべりや遊びに行く前の打ち合わせもしたいですし落ち着いているカフェの方が快適です。

電気街口とは反対側になりますが、昭和通り口にあるカフェなら比較的空いていて電気街口に出るのも便利です。電気街口にあるカフェですと、待ち合わせには混み合っているお店も多くわかりづらいことがあります。

秋葉原公園を見下ろせるカフェで待ち合わせ!

cafe2

ヨドバシアキバで有名な秋葉原駅昭和通り口改札を出て、みどりの窓口を右に曲がったところにある「秋葉原公園」の横にある「トマティーナ秋葉原店」です。

電車男で舞台となったメイドカフェ「ぴなふぉあ」があったビルの2階と言えばわかる方も多いと思います。昭和通り口の屋根付きアーケードからすぐにアクセスできますので、雨の日もほとんど濡れずに行けます。

パスタを中心にオムライスが人気なファミレスに近いカフェで、ドリンクも充実しています。スイーツセットがお得で、知る人ぞ知る秋葉原の癒しスポットです。一人でも気軽に利用できる雰囲気なので、秋葉原での暇つぶしや時間つぶしにもおすすめです。

 

トマティーナ 秋葉原店

【場所/アクセス】 千代田区神田佐久間町1-19 山中ビル2F

※JR各線秋葉原駅昭和通り口から徒歩すぐ/地下鉄都営新宿線岩本駅徒歩4分

【営業時間】  7:30~23:00
【定休日】 年中無休
【電話番号】 03-5295-1522
source:https://www.hotpepper.jp/

source:https://www.hotpepper.jp/

toma2

朝7時半から営業していて、モーニングでも人気です。サラダセットやデザートセットなど、女性にも人気なメニューも充実しています。タルトがおすすめです!

 

まとめ

date2

秋葉原でのオタクデートの待ち合せ場所としても「カフェ」はおすすめです。デートコースを事前に復習するために、ちょっとはやめにお店にいって時間をつぶすのもありです。

電気街口とはちがった雰囲気の昭和通り口で新しい発見があるかもしれません。

 

待ち合わせは時間厳守で、安心快適で楽しい秋葉原観光を!

 

dummy
アキラ

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

秋葉原でのオタクデートコースに悩んだらおすすめです。

秋葉原の面白いオタクデートならおすすめは? 夜まで楽しむならこれ!

 

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原で待ち合わせ , ,