オタク男子はチョコよりも花をプレゼントだ!秋葉原2018のバレンタインはハートを盗む?

      2018/05/01

choco


世界のオタク文化の最先端を行く秋葉原2月のビックイベントと言えば「バレンタインデー」。
秋葉原で一番チョコレートが売れる日、アキバで一番疑似恋愛が成立する日です。
最近の秋葉原でのバレンタインイベントの傾向として、チョコレート配布会が流行っています。

下駄箱シチュエーションや放課後設定など、アキバらしい妄想系バレンタインイベントがあって楽しいです。
オタク男子でも秋葉原にくれば、持ちきれないほどのチョコを貰うことできてしまっておすすめです。

秋葉原のオタク男子がバレンタインデーにチョコを貰うだけでなく、海外では常識となっている花を贈る習慣についてご紹介します(‘ω’)ノ

Sponsored Link


海外のバレンタインは男性から女性に花を贈る?

choco

秋葉原のバレンタインと言えば、チョコレートの配布会やメイドさんから義理チョコを貰ったりと「貰う」ことばかりが先行しています。しかし、「バレンタインデー」の本質は「男女がお互いに愛を確かめあう日」で、海外では男性から女性に花を贈る「フラワーバレンタイン」が主流です。

女性から男性にバレンタインチョコをあげる習慣は、日本のチョコレートメーカーが作りあげた戦略だったとは誰も気づいていません。最近ではだいぶ「フラワーバレンタイン」も知られるようになってきたようですが、一部のモテる男しかしていない現状のようです!

秋葉原のオタク男子こそ、この「フラワーバレンタイン」を取り入れて、怪盗キッドの黒羽快斗のような気障でモテるオタク男子に変身するべきです。

 

そう私は怪盗。盗むのが仕事
たとえそれが人の心であっても・・・

 

怪盗キッドのコスプレでオシャレな花束やブーケがおすすめ

Sponsored Link


 

秋葉原駅でのわかりやすい待ち合わせ場所としても人気のアトレ秋葉原1内にある「青山フラワーマーケット」。店名からしておしゃれ感ぷんぷんで、電気街口改札を出てすぐにある駅直結のアクセスの良さも人気です。

花束やブーケだけでなく、花1本から購入できてギフト用のラッピングもしてもらえますので急なデートや告白にも活用できます。秋葉原のバレンタインデーらしく、怪盗キッドのコスプレでキメて赤いバラでも買えば店員さんの心も盗むことができるかもしれません。

 

source:http://eshop.aoyamaflowermarket.com

source:http://eshop.aoyamaflowermarket.com

青山フラワーマーケット アトレ秋葉原1店

【住所・場所】 千代田区外神田1-17-6 アトレ秋葉原1 1F

※JR秋葉原駅電気街口改札口出てすぐ

【営業時間】 10:00~21:00
【定休日】 不定休
【電話番号】 03-5289-3810

 

※お店のスタッフさんに気軽に相談して、おしゃれで心をつかむ花束を作ってもらいましょう!

 

オタク男子も花言葉を使って女性の心を盗め!

bara

 

気持ちは行動だけでは伝わらないものですが、恥ずかしがりやのオタク男子はなかなかうまく言葉で気持ちを伝えるのが苦手です。黒羽快斗のように気の利いた言葉を使えれば速攻でオタク女子も落とせてしまうのですが….。

まずは、花言葉を使ってメッセージを贈るのがおすすめです。花にはそれぞれ花言葉があって意味があります。贈る本数によっても気持ちを伝えることができますので、オタク男子にはぜひ活用して頂きたいです。

 

一番有名なバラなら、「愛と欲望」赤なら愛の告白です。

1本なら「一目惚れ」「あなたしかいない」3本なら「愛しています」「告白」 になるのでうまく使い分けが必要です。

 

ブーゲンビリアなら「あなたしか見えない」、バンジーなら「私を思ってください」…。

 

 

君に一つ助言させてもらうぜ…
世の中には謎のままにしておいた方がいいこともあるってな!

 

まとめ

night2

 

秋葉原のバレンタインがきっかけで恋が実ったら、次はデートで愛を確かめあう時です。秋葉原にはデートコースもいっぱいあるし、オタク女子が喜びそうなオタクスポットもいくつかあるので早速リサーチしてみましょう!

 

アキバのオタクだって恋をしたい!

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

オタクでもオタクで無くても秋葉原のクリスマスはにぎやかです!
秋葉原のクリスマスでオタク向けのイベント2017おすすめは?

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原とバレンタインデー , ,