秋葉原のオタクスポットで面白い体験!大人のデートコースにおすすめ教えます!

   

kiri


オタク文化の最先端を行く秋葉原には「オタクスポット」と呼ばれる「面白い」「変わった」体験ができるお店や場所がたくさんあります。
お友達同士や家族で、外国人の友人を連れてなど秋葉原で遊べるオタクスポットを探している方は多いです。

また、最近は秋葉原でデートをするカップルも増えていて「オタクデート」や変わったデートコースも人気です。
はじめてのデート場所として秋葉原を選ぶオタク男子や女子も多く、おしゃれなデートスポットやお店の紹介も盛んです。

ただ、せっかく秋葉原でデートをするなら普通ではないオタクスポットで一か八か刺激的な体験もおすすめです(‘ω’)ノ

Sponsored Link


秋葉原のオタクスポットで定番と言えば?

kiri

オタクの聖地としても知られる秋葉原には、都内近郊だけでなく地方や海外からも多くの観光客が遊びに訪れます。

秋葉原観光で人気の観光場所のひとつに「オタクスポット」なんていうキーワードがあって、オタク体験ができるお店や場所を知りたい人も多いです。秋葉原にあるお店やスポットならどこも「オタクスポット」と言っても間違いないですが、中でも有名だったり定番と呼ばれるスポットもあります。

おすすめをあげたらキリが無いですが、秋葉原初心者の方におすすめしたいオタクスポットとしては「ジャンク通り」があります。

秋葉原らしいお店がたくさんある場所で、女の子同士やオタク以外の方でも楽しめるスポットのひとつです。週末ともなると、オタクの出現率も高くて秋葉原の雰囲気が楽しめる場所です。

秋葉原のオタクスポットが大人のデートコースとしておすすめ!

Sponsored Link


秋葉原のオタクスポットが大人のデートコースとしておすすめと言われて、「何で?」と疑問に思う方もいると思いますが、オタクスポットのなかでもちょっと大人向けの場所だからという簡単な理由です。

秋葉原のオタクスポットにも、家族向け、女性向けなどいろいろなおすすめがありますが、大人のしかもカップル向けのオタクスポットとしておすすめしたいのが「コスプレショップ」巡りです。勘の良い方でしたら、もうすでにおわかりかもしれませんが、いわゆる大人向けのかわいいコスプレを扱っているショップを巡って面白い体験をして頂きます。

うぶなカップルが次のステップに進むために利用しても良いですし、秋葉原らしいデートコースとして面白い場所を探している方にもおすすめです!

 

コスメイトプラス

source:https://twitter.com/cosmate_plus

source:https://twitter.com/cosmate_plus

セーラー服やブルマ、スク水など秋葉原の中でもマニアックなコスプレ衣装を扱う「COSMATE PLUS+」

どちらかというと男性向けのコスプレショップですが、カップルで遊びに行くと刺激的な妄想が高まって熱い夜が待っていますね!

【アクセス】千代田区外神田1-8-3 野水ビル5F

【営業時間】12:00-18:00

【電話番号】03-3526-5013

 

 

エムズ(m’s)秋葉原店

netcafe2

不適切な内容が含まれている可能性があるので、あまり画像をご紹介できませんが「大人のデパート」として有名なエムズ。外国人観光客も多く訪れる人気オタクスポットのひとつです。

刺激的なグッズが多いので、付きあいはじめのカップルにはちょっと勇気がいるかもしれませんが、何かが変わるはずです!

 

【アクセス】千代田区外神田1-15-13 太平堂ビルB1-6F

【営業時間】10:00-23:00

【電話番号】03-3252-6166

 

 

 

 

秋葉原ラブメルシー

kakure

秋葉原のアダルトグッズの専門店で、初心者からマニアまで楽しむことができる大人のオタクスポットです。

あまり詳細はご紹介できませんが、大人への階段をあがることができるお店のひとつです!

興味のある方はググってみることをおすすめします。

 

 

まとめ

kiri2

ちょっと大人向けの内容になってしまいましたが、オタク女子でも意中の男性がいるなら秋葉原の刺激的なオタクスポットを利用するのもありです!

奥手な男性もだいぶ増えているので、待っているだけでは何も進展しないことも多いです。

秋葉原で刺激的な夜を過ごすためにも思い切った行動を!

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

秋葉原でロマンティックな夜を過ごしたいカップルにおすすめです!
秋葉原の夜に観光するなら絶対ココ!オタクデートにも使えるエモい場所とは!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原観光 , ,