秋葉原で海外のオタク女子事情が知れて友達にもなれる! アキバの変わったコンセプトホテルがおすすめ

      2018/04/26

why


平成の秋葉原はオタク女子元年でした。
オタクと言えば男性が主流だった流れを大きく変えたのが秋葉原でオタク女子に対するイメージも年々変化してきています。

彼女にするならオタク女子が良いと思う男性も増えているようで、今後もオタク女子は注目を集めていきそうです。
オタク文化の最先端を行く秋葉原にも多くのオタク女子が集まりコミュニケーションも盛んです。

オタク女子専門のアニメグッズのお店があったり、オタクの祭典コミケも女性向け同人誌から発展していったりとオタクの女性への感心はオタク男子にとっても気になるところです。
最近は、海外でもオタク女子が増えていて秋葉原にも多くの外国人旅行者が訪れていますが、オタクっぽい女子も多いです。

SNSも盛んになって気軽に海外の方ともつながれるようになったので、オタク同士でも友達になれたらオタクライフがもっと楽しくなります(‘ω’)ノ

Sponsored Link


 

秋葉原で海外のオタク女子と友達になれる場所

kaigai

秋葉原だけでなく、新宿や渋谷、池袋に来るオタク女子の目的のひとつにV系バンド(ヴィジュアル系)好きの子や、ジャニーズ好きの子も多いです。日本の女性が韓国系アイドルやドラマが好きなことと同じイメージで海外の女性でもミーハーな方がそういったジャンルを好きだったりします。

この場合には、日本でいうオタク女子とはちょっと違って音楽好きだったり、V系の雰囲気が好きで海外のヘビメタバンドと同じようなくくりになるような気がします。実際にV系好きの海外女子とも話したことがありますが、日本のアニメや漫画についてはほとんど知らなかったです。

その一方、秋葉原や池袋、渋谷のアニメイトに来るような海外の女性は「オタク」の可能性は高いです。るろうに剣心やナルト、北斗の拳など、日本らしい、日本のアニメっぽいキャラやヒーロー物が人気です。一時期ピカチューもブームでした…。いまだとポケモンでしょうか。

携帯ストラップやキーホルダー、日本のオタク女子にも似た服装で何となく海外のオタク女子もわかりやすいイメージです。なぜかメガネ率も高く、日本でも海外でもオタクは共通した雰囲気があるのは不思議です。

 

コスプレで異文化オタク交流ができる

Sponsored Link


オタクという共通の趣味趣向があるなら、日本のオタク女子も海外の女の子と友達になれたらとても楽しいと思います。今は、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどSNSも発達していて、英語がしゃべれなくても翻訳アプリやサイトでなんとかコミュニケーションはとれるものです

アニメ好きのオタクでしたら、好きなアニメキャラやストーリーなど話題に困ることもなくすぐに友達になれます。海外のオタク女子のほうがけっこうマニアックなことまで知っていることが多いので驚きます。

海外のオタク女子とも友達になりたいという願望を叶えてくれるのが、秋葉原にあるオタクスポットです

 

アキバの変わったオタクスポットで泊まる

bnb

秋葉原にはマニアックな変わったお店や施設も多いですが、とうとう宿泊施設でもマニアックなオタクスポットが出現しました。ホテルのコンセプトが「コスプレエンジョイ空間」ということで、ホテル内にコスプレを製作するためのミシンまであります。

正確には、ホテルというよりは「カプセルホテル」に近い簡易宿泊施設で女性専用のプライベートルームといったイメージです。予算の少ないオタク女子でも気軽に秋葉原で泊まることができる格安のカプセルホテルで、ネットカフェよりも快適に過ごすことができます。

オタク文化の最先端を行く秋葉原らしい宿泊施設が、泊まれるコスプレエンジョイ空間の「bnb+コステルンアキバ」です。日本でも2016年くらいから話題になった「エアビー」に近い宿泊の仕方で、海外のオタクが多く利用していることにも注目です。コンセプトがコスプレを楽しむ空間ということで、コスプレ好きな海外の女子から人気で、オタク女子も多いです。

カプセルホテルというよりはホステルにもカテゴリーされる簡易宿泊施設でが、女性専用のカプセルホテルなので、思う存分コスプレが楽しめるオタク女子、コミケ参加者にとって夢のような場所です。もちろん、コスプレを自分でしなくても見ているだけでも楽しいです。

 

コスプレをしての撮影を意識して、室内はモノトーンに統一されていて専用の撮影スポットも用意されています。もちろん、2017年の流行語大賞である「インスタ映え」も可能なマニアックな空間で最高のコスプレショーを楽しめます。

日本初のコンセプトホステルというキャッチフレーズで、秋葉原の他にも新宿や上野、虎ノ門、大久保、四谷でも展開しています。海外からのコスプレイヤーにも人気で、異文化コミュニケーションが盛んです。

外国人観光客からは、レトロな和室をイメージしたコンセプト部屋が人気のようです。サザエさんを彷彿するレトロ部屋で海外のオタク女子と和菓子談義もおすすめです。

 

女性専用コンセプトホテル コステルンーアキバ

【住 所】 千代田区岩本町3-7-11KSビル 4F

※JR秋葉原駅昭和通り口から徒歩8分、都営新宿線岩本町駅から徒歩3分

【宿泊最安料金】 3500円(税抜)1泊~

※土日祝前日などは変動あり
チェックイン 16:00~23:00 チェックアウト 11:00

※23時以降の場合も相談に乗ってくれます。

【サービス】 プライベートカーテン、ルームライト、専用コンセント、フリーWi-Fi、共有シャワーブース、共有洗面台、共有トイレが使用可能。ドライヤー貸出し(24時〜翌朝7時までは使用できません)。小型鍵付きロッカー(数量に制限があります)。

コスプレ製作用のミシンもあります。

シャワールームにタオル、ソープ類は設置されていません。シャワーパッケージは有料(¥540)です。

(タオル、シャンプー、リンス、ボディソープ、歯ブラシ、エコバックのセット)

【電話番号】 03-5829-9932

予約空室確認

※一旦退室時には身分証が必要になります。シェアハウスの規約に基づき運営しています。

※館内での現金の利用は出来ません。(アメニティーの利用を除く)

 

まとめ

why

英語がしゃべれないとお友達になれないと思うのは間違いです!オタクという共通のつながりがあるので、ジェスチャーやキャラの名前などでなんとかなるものです。コスプレを無理して楽しむ必要もないですし、まずは秋葉原のオタク文化を知るというイメージで利用してみてはいかがでしょうか?

 

何が嫌いかより 何が好きかで自分を語れよ!!! です。

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

秋葉原の新年は福袋が最大のビックイベントです!
秋葉原の福袋2018年オタクにおすすめはどこ?

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原のおすすめスポット , ,