【オタクの暇つぶし】バーガーキング下北沢駅南口店の【電源とWi-Fi】

      2020/05/16

バーガーキング下北沢駅南口店


下北沢駅周辺で、一人でもエゴサやネトフリ鑑賞が快適にできる電源とWi-fiがあるカフェを探しているオタク

この記事では、ぼっちで下北沢をぶらつくオタクが快適に暇つぶしをしたい時に悩みがちなコスパが良い電源Wi-fiカフェについてステマ無しで解説します<(_ _)>

カフェの数は多いですが、どちらかというとデート向けが多くオタクが暇つぶしに利用できる電源とWi-Fiもある場所となると少ない現実もございます。

ほぼ365日都内を中心に秋葉原駅周辺のカフェでノートpcをいじっているオタクが、下北沢にある『バーガーキング』ついてご紹介します。

流し読みであれば2分くらいで読めますが、知っていると知らないでは「モヤモヤ感」に天と地の違いがあると思います…。

 

参考にして頂けると嬉しく思います(‘ω’)ノ

Sponsored Link


下北沢駅口南西口から徒歩2分

下北沢駅名物の『開かずの踏切』を無くす工事がほぼ終わって、駅前のイメージがかなり変わった下北沢駅。

いい面も悪い面もありますが、個人的にはちょっと残念ではあります。

 

ただ、駅構内が綺麗になったり乗り換えがスムーズですし、踏切も無くなったので便利になったかもしれません。

いくつか出入り口がありますが、南西口が最寄りの改札で徒歩2分ほど。

駅近くで便利な場所にあります。

 

はじめにネタバレしておくと、電源とWi-Fi無しでオタクの暇つぶし場所としてはNG!

 

バーガーキング下北沢駅南口店

 

 

 

【バーガーキング下北沢駅南口店】の口コミ・体験レビュー【結論は微妙】

Sponsored Link


オタクの暇つぶし場所としては、電源とWi-Fiが無くて全く不向き。

 

バーガーキングは秋葉原にもありますが、電源はあってそこそこ利用はできますが下北店は場所柄なのか無いです。

オタクが快適に暇つぶしできる観点からの辛口なレビューになりますが、居心地が、『微妙』と言える理由は次の通り

  • 電源が使えない
  • Wi-fiもない
  • ドリンクはコスパ良い
  • 店内の開放感はあり。
  • 平日は比較的空いているが、そこまで居心地は良くない
  • 土日は避けたほうが無難

 

上記の通り。

バーガーキングファンでない限り、ちょっと微妙な場所と言えます。

 

 

【オタクの暇つぶし】バーガーキング下北沢駅南口店の【電源とWi-Fi】

 

 

 

 

【バーガーキング下北沢駅南口店】のWi-fiと電源

バーガーキング下北沢駅南口店

電源もWi-Fiも無しで、ぶっちゃけオタクの暇つぶし場所としてはNG

 

ワッパーなど、バーガーキングが食べたい人以外には不向きですね

 

 

 

【バーガーキング下北沢駅南口店】の注意点

バーガーキング下北沢駅南口店

今時のカフェにしては、電源もWi-Fiも無いのはかなりマイナス点

駅近くで便利ではありますが、店内も居心地が良い感じでは無いので長居をしたいとは思わないかなと

 

 

 

【バーガーキング下北沢南口店】へのアクセスや詳細

バーガーキング下北沢駅南口店

 

コロナの影響で現在は利用できませんが、3階にはテラス席もあってオタクデートとかにも使える感じになります。

【営業時間】  

10:00~22:00

【定休日】  年中無休
【完全禁煙】 禁煙
【アクセス】  

小田急線、京王井の頭線下北沢駅から徒歩2分

【住所】 世田谷区北沢2−13−7
【電話番号】 03-5787-6760

まとめ

バーガーキング下北沢駅南口店

いかがでしたでしょうか?

下北沢にある『バーガーキング』が、オタクの暇つぶしに使えるかどうかについて解説しました。

 

駅の開発で街並みがだいぶ変わってしまった下北ですが、まだまだ古着屋やカフェなど下北らしいお店もいくつか残っています。

演劇やライブなど、アキバでなかなか味わえない暇つぶしなどもありですね

 

 

 

 

カフェで読書や作業することが多い、オタクのレポートでした(‘ω’)ノ

参考にして頂けると嬉しく思います。

 

 

本日も、最後までご覧いただきましてありがとうございました<(_ _*)>

 

 

 

下北沢でコスパ良く暇つぶしするなら、近くのウェンディーズがおすすめになります。

>>【オタクの暇つぶし】下北沢WFKの口コミ・体験レポ【電源とWi-Fi】

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しいオタクドリームの為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 下北沢のオタクショップ , ,