秋葉原の聖地巡礼をなめるな!オタクなら本当の意味を知って訪れろ!

      2018/03/28

seiti2


秋葉原の聖地巡礼をなめるな!オタクなら本当の意味を知って訪れろ!





 

秋葉原も春が過ぎて観光シーズンになると、全国から多くのアニメ好きな人が秋葉原に訪れます。最近は海外からの外国人観光客も増えていて、明らかに街で見かける機会も増えています。アニメの聖地としても知られる秋葉原で人気な遊び方のひとつに「聖地巡礼」があります。2012年頃の聖地巡礼ブームほどではないですが、現在でも秋葉原を舞台としたアニメやゲームの世界を疑似体験することが人気です。ただ、秋葉原で聖地巡礼というと「ラブライブ!」や「シュタゲ」などのモデルとなった場所に訪れてた自撮りやアニメとの違いを楽しむといったことしかしていない方も多いです。本来の聖地巡礼の意味を知らないでブームに乗せられてしまうのは、オタクではありません。せっかく秋葉原で聖地巡礼をするなら、聖地巡礼の意味を知ってもっと深くアニメの世界を楽しむことがおすすめです(‘ω’)ノ

 

秋葉原で聖地巡礼といえば人気はやはり?

seiti2

秋葉原というよりは、東京で聖地巡礼先を探す人も増えていて、最近は聖地巡礼マップや一覧をまとめている方もいます。アニメと言えば秋葉原というイメージが強いですが、秋葉原以外でもアニメやゲームの舞台となるところも多くなっていて、大ヒットした「君の名は。」の舞台が長野、岐阜と東京だったことは有名です。

秋葉原で聖地巡礼といえば間違いなく「ラブライブ!」が一番人気ですし、世界的にも知られています。秋葉原観光でも人気なスポットが多く登場することもありますし、ラブライブ!に女の子のファンが多かったということや、SNSが普及した時期に重なったということも大きく影響していると感じています。

PCゲームやオンラインゲームの影響もあって、最近はシュタゲやアキバズトリップ2などをきっかけに、海外からの外国人観光客が聖地巡礼することも多いです。聖地巡礼を英語で言うとなんていう?なんてことが時々話題になります。

 

聖地巡礼の意味を誤解しているオタクが多い!

Sponsored Link

いつの間にか、当たり前のように「聖地巡礼」という言葉を使っていますが、秋葉原で聖地巡礼を楽しむ時にそもそも「聖地巡礼とは?」と疑問に思う方も多いです。実際に、「聖地巡礼とは」とか「聖地巡礼の意味」とかで調べている人が一定数いることもわかっています。

少しググれば聖地巡礼の意味がサイト上にも出てきます。

多くの方が参考にすることのあるウィキペディアでは..

聖地巡礼⇒ 宗教において重要な意味を持つ場所(聖地)に信者が赴くこと。 転じて、映画・小説・マンガ・アニメや、バイク・鉄道・著名人などに縁の深い場所を聖地と称し、それらの愛好者が訪れることを指す。 宗教上の聖地巡礼としては、世界三大宗教(ユダヤ教・イスラム教・キリスト教)の聖地・エルサレムへの巡礼が有名。 source:ウィキペディア

という意味で紹介されています。

なんとなく、なるほどと思いガチですし実際間違ってはいないと思いますが、個人的には何となく「違う意味」で解釈されているような気がします。近頃では、聖地巡礼が舞台探訪と表現されていることもありますが、秋葉原の聖地巡礼は「舞台探訪」の方が適切な表現です。

kami3

本来、聖地巡礼とは「救済」を意味していて「宗教において重要な意味を持つ場所(聖地)に信者が赴くこと。」という表現もだいぶ違う解釈と言えます。なぜ聖地に赴くのかが重要で、行けば良いというわけではありません。

秋葉原の聖地巡礼に関しても、オタクが本気で巡礼をするなら、ただ舞台となった場所を訪れるだけなら観光になってしまいます。心から愛するアニメの舞台となった聖地に「救い」を求めて巡礼することが本当の「聖地巡礼」になります。

ラブライブ!の聖地巡礼先としても人気な「神田明神」を巡礼する時には、東條希に何か救いを求めて訪れるからこそ「違った景色」が見えるようになります。まるで、目の前で「巫女姿」の希ちゃんが何かを語りかけてくれるような臨場感を感じられるようになったら本物です。

 

まとめ

puri1

とは言え、せっかく秋葉原を聖地巡礼で訪れるなら楽しまないともったいないですし、本来はそんな意味なんだと参考にして頂ければ嬉しいです。

日本のアニメを通じて、もっと世界がつながるようになったら素敵です。

 

 

秋葉原の聖地巡礼で国際交流!

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

秋葉原の猫神社も聖地巡礼先として人気です!

秋葉原の猫神社がやばい!仕事でへこむ女子はココでハッピーになれる!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原とオタク文化 , ,