東京のアニメオタクなら絶対行くべきおすすめスポットはココ!

      2018/12/21

alone5


東京でオタクが楽しめる遊び場としては、3大オタクスポットの「秋葉原」「中野」「池袋」が有名ですが、ここ以外にも名所といわれるような場所も多いと言えます。
オタクと言っても、最近はプロレスオタクやクラゲオタクが注目されたように、多くのジャンルがあって趣味嗜好も様々。
数あるオタクのなかでも、アニメ好きなアニオタが絶対行くべき場所として、おすすめなスポットについてご紹介させて頂きます(‘ω’)ノ

Sponsored Link


 

東京でアニオタなら絶対行くべき場所はココ!

東京のアニメオタクなら絶対行くべきおすすめスポットはココ!

はっきりいって、アニメオタクを語るのにココを知らないとしたら本当のアニオタではありません。それくらいエモい場所で、アニオタの聖地と言っても過言ではない場所となります。

 

ずばり!

 

「東京アニメセンター」。

なーんだと思った方はアニオタです。

アニメと言えば、日本の文化として海外にも多くのファンがいるオタク文化のひとつ。

都知事や国会議員のなかにもアニメ好きがいて、最近ではアニメクリエーターを支援する目的でオタクコインなる仮想通貨も計画されたりと盛り上がっています。

そんなアニメ産業を支えてきた「大日本印刷株式会社」と「一般社団法人日本動画協会」が共同で運営しているのが「東京アニメセンター」となります。

アニメ産業の最先端の技術を体験したり、アニメの原画やライブを楽しめるイベント、アニメグッズの販売などが楽しめる世界でも珍しいアニメ専門の施設です。

 

「東京アニメセンター」

source:https://twitter.com/anime_tokyo

source:https://twitter.com/anime_tokyo

定期的にアニメの原画展やトークショーなどのイベントもあって、アニメの作家さんになりたい方にとってもおすすめとなります。

入場料は無料で、タダでアニメの聖地を楽しめるというエモいサービスです!

【アクセス】新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷谷田ビル

※DNPプラザまでのアクセスは、JR市ヶ谷駅、東京メトロ有楽町線市ヶ谷駅、都営新宿線市ヶ谷駅から徒歩3分ほど。秋葉原駅からだと、JR総武線で移動時間も含めると20分くらい。東京駅、新宿駅からもアクセスしやすい場所になります。

【開館時間】

11:00~20:00

【休館日】火曜日・年末年始、施設点検日・展示入替日

 


 

オタクの聖地秋葉原にあった過去も!

Sponsored Link


じつは、あと出しじゃんけんのようになってしまいますが、東京アニメセンターはもともとオタクの聖地秋葉原にある最高の観光スポットでした。

秋葉原でも人気のラブライブ!の聖地巡礼先としても有名な秋葉原UDXで10年間運営されていて、オタクの教祖として人気のアイドルしょこたんも「こんな場所を待ってました!」と絶賛していたほど、オタクの街秋葉原にふさわしいオタクスポットとして君臨していました。

また、2016年の「ご注文はイラスト展ですか??」は当時人気だった「ご注文はうさぎですか??」のイラスト展で、伝説的な人気だったこともあります。

秋葉原UDXとの契約終了のため、2017年7月19日に閉館しました。現在でも秋葉原UDXのホームページには東京アニメセンターがアップされていて、はじめての方は何のことやら混乱してしまうことも多いですが、現在秋葉原にはありません。

 

秋葉原UDXで楽しめると言えば、秋葉原名物のフリーマーケットもありましたが、このフリマも無くなってしまって騒がれたことがありました。今後、またUDXにオタクスポットが復活することを期待したいところ。

 

 

まとめ

【東京のアニメオタクなら絶対行くべきおすすめスポットはココ!

東京でアニオタが行くべきおすすめなスポットのひとつとして「東京アニメセンター」を紹介させて頂きましたが、やはりオタクの聖地秋葉原にもおすすめな場所は多いです。

アニメグッズ好きや漫画、フィギュアやコスプレなど、アニメに関連するものなら何でも揃うのが秋葉原。

東京アニメセンターがある市ヶ谷からも近いので、秋葉原に足を運んでみるのもおすすめします!

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

 

 

 

 

名作ゲームサントラもオタク街秋葉原では人気となります!
>>ゲームサントラのプレミアCDがいっぱい!秋葉原でお宝を探す穴場はココ!

Sponsored Link


 

The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しいオタクドリームの為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原近くのオタクスポット , ,