秋葉原駅から流通センター駅への行き方は?何線に乗ればいい?

      2017/10/30

秋葉原コスプレ


秋葉原駅から流通センター駅への行き方は?何線に乗ればいい?





 

コミックマーケット準備会が主催する世界最大規模の同人誌即売会こと通称「コミケ」と言えば、秋葉原に最大の影響を与えると言っても過言ではないビックなイベントです。この「コミケ」ほど認知度はないですが、じわじわと盛り上がりを見せているイベントがあります。

それは、「M3」という自主製作の音楽に特化した同人即売会でその界隈の人たちのなかでは有名なイベントでちょっとしたメジャーミュージシャンンよりも人気があります。

コミケでも音楽系の作品を発表している作家さんもいますが、より音楽に特化した同人即売会が「M3」です。秋葉原からも多くのサークルが参加していて賑わっています。

今回2017年秋開催で40回の歴史があり、来春2018年春には20周年の実績があります。今後、世界の「コミケ」にならぶ大規模なイベントになる可能性も高いので要チェックです!

この音楽系同人即売会「M3」が開催される東京流通センター(TRC)最寄り駅の「流通センター」駅へのおすすめの行き方をご紹介させて頂きます。

コミケが開催される「東京ビックサイト」は違いますのでご注意下さい!

 

秋葉原駅から「流通センター」への行き方をわかりやすくご説明致します(‘ω’)ノ

秋葉原駅から東京流通センターへの行き方は?

秋葉原コスプレ

 

 

 

 

 

 

 

音楽系同人即売会「M3」が開催される「東京流通センター」(TRC)への行き方には、電車と車・バスで行く方法があります。ただ、秋葉原から直通で「東京流通センター」へのバスが無いのでおすすめしません。

秋葉原から東京流通センターへ電車で行く方法

 

Sponsored Link


秋葉原駅から東京流通センターへの行き方

東京流通センターの最寄り駅、東京モノレール「流通センター」駅下車、徒歩ですぐです。

★秋葉原駅からは、一度「浜松町」まで行き、東京モノレールに乗り換えます。

「浜松町駅」までは、「山手線」か「京浜東北線」を利用していきますが、どちらも時間的にはかわりませんので、早く来た電車で大丈夫です。時刻表を気にしなくても、頻繁に電車がきますので安心して下さい。

秋葉原駅⇒JR山手線外回り・東京・品川方面(3番線発)⇒浜松町駅下車⇒東京モノレール羽田空港行⇒「流通センター駅」

 

【所用時間】 約30分
【運  賃】 494円(スイカ利用)、現金500円

浜松町駅から流通センター駅へは、現金で340円です。

※駅改札口がひとつでイベント時は混み合いますので、事前に電子カードへの入金若しくは切符を購入しておくことをおすすめします。

 

※京浜東北線・根岸線を利用の場合は、秋葉原駅(4番線発)、大船行で浜松町駅下車です。

浜松町駅では、東京モノレール乗り場への案内板がわかりやすく設置せれているので、迷わず乗換ができます。羽田空港へ向かうスーツケースを持った人も多いので、流れでわかると思います。

 

※流通センター駅改札左にコインロッカーがありますが、数はすくなくサイズも小さいです。コインロッカーの利用を考えている方は、秋葉原で荷物を預けるか、浜松町駅での利用をおすすめします。

 

秋葉原から東京流通センターへタクシーでの行き方

o2

 

 

 

 

 

 

 

 

秋葉原駅からタクシーで東京流通センターへ行く方法は、グループで利用する場合にはありだと思います。道路の混雑状況や渋滞の影響で変動がありますが、30分弱3000円前後で移動が可能です。

コミケと違って、M3は開催時期が比較的世の中のイベントに影響されないので、時間は読みやすいです。

 

まとめ

英語でオタクは

 

 

 

 

 

 

東京流通センターでは、音楽系即売会M3意外にも、ブシロードのヴァンガードステージなど秋葉原系のイベントも定期的に開催されています。

今後、オリンピック開催の影響や参加サークルの増加で開催場所の変更等あるかもしれませんが、しばらくは「東京流通センター(TRC)」とえいば「M3」です!

同人系の音楽がお好きな方におすすめのイベントです。

 

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

地図無しでOK!都内最大級のブックオフ秋葉原への行き方ベスト3

 

 

秋葉原の都市伝説!「ヲタ芸」と「オタ芸」は違うのか?

 

 

秋葉原で一人でも遊べる暇つぶし場所でおすすめは?

 

 

秋葉原駅周辺でシャワーができるおすすめの場所は?安い?

 

 

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原の豆知識