秋葉原で同人誌の印刷ができるお店まとめ!持ち込み自由でおすすめはここ

      2018/09/05

insatu


オタク文化の最先端を行く秋葉原で人気がある同人誌は、買う人だけでなく作り手の作家さんも多いです。
年2回開催する夏と冬のコミケ前には、同人誌の製本やチラシ、ポスターの印刷ができるお店を探す人が増えます。

ここ数年、ネットを通じての入稿やオンデマンド印刷できる場所もあって、印刷環境はだいぶ良くなっています。
ただ、コミケ初心者の方や製本作業に慣れない方には自由に持ち込めてサポートしてくれる印刷屋さんが便利です。

秋葉原周辺にある同人誌の印刷ができるお店についてまとめてみました(‘ω’)ノ

Sponsored Link


秋葉原で同人誌の印刷をしたい時はどこに行けば良いの?

insatu

秋葉原で印刷というと「名刺」「チラシ」「ポスター」など店舗用のメニューや、ビジネスで使うような書類の印刷と同人誌など、コミケで販売用に製本する時に利用することが大半です。

また、同人誌の印刷も作り手さんが自分の作品を製本するために利用するような場合と、コミケ会場で購入した同人誌を「自炊」して自分の観賞用に印刷するなんてこともあります。

基本的には、コミケで販売するために同人誌を製本することが多いですが、秋葉原で印刷ができるのは「印刷屋」か「コンビニ」になります。ただ、コンビニでは大量に印刷するとなると割高ですしあまり現実的とは言えません。

秋葉原には同人誌や、コミケ用のチラシやポスター印刷に特化したサービスを提供している印刷屋さんが多いので、コミケ初心者の方でも質問も気軽にできて安心です。

 

秋葉原で同人誌の持ち込み印刷ができるお店まとめ!

Sponsored Link


秋葉原で同人誌の印刷ができる印刷屋さんでも、以前印刷した表紙をそのまま利用したい時や自分で印刷したものを持ち込んでも製本してくるところでないと不便です。

同人誌製本時にどんな状況でも相談にのってくれることが多いのが秋葉原の印刷屋さんの強みです。

 

 

太陽出版 秋葉原営業所

taiyo

秋葉原で同人誌印刷といえば「太陽出版」という作り手さんも多いです。渋谷にあった店舗が閉店してしまいましたが、同人誌の製本で必要な印刷機や初心者にありがちな失敗も事前にアドバイスしてくれておすすめです。

【アクセス】千代田区神田佐久間町3-21-6 NSビル2階

【営業時間】日、火-金/11:00-19:30  月、土祝日前/11:00-21:00

【電話番号】03-5829-8017

 

 
クリエーターズカフェ 秋葉原製作所

Source:https://twitter.com/seisakujo_akiba/media

Source:https://twitter.com/seisakujo_akiba/media

同人誌を書くための作業所もあって、裁断機や大型ホッチキスなども無料で貸し出し可能です。

とにかく同人誌を一人で仕上げてみたい方におすすめな場所です。自動製本コピー機が常設されていますし、ポスター印刷も大型A1まで対応です。コミケ前日や開催期間中は24時間営業で、急な修正や増版にも心強いです。

【アクセス】千代田区外神田3-8-6 イサミヤ第7ビル2階

【営業時間】月-木/11:00-23:00 金土祝前日/11:00-翌11:00

【電話番号】03-3255-0818

 

 
印刷ショップ 秋葉原店

Source:http://ki.gmobb.jp/akiba/draft/draft.html

Source:http://ki.gmobb.jp/akiba/draft/draft.html

秋葉原でとにかく安く印刷したいならおすすめな印刷屋さんのひとつです。土日が定休日なので、早めの問い合わせがおすすめです。

【アクセス】千代田区外神田6-12-8第2中鉄ビル1F

【営業時間】10:00-19:00

【電話番号】03-5817-4710

 

 

まとめ

netcafe7

製本した同人誌も部数によってはだいぶ重くなって持ち運びも大変です。

スーツケースやキャリーバッグなど移動手段は人それぞれですが、夏コミケでは「暑さ」や「湿気」もあってけっこうしんどいです。

コミケ当日に売れてしまえば疲れも吹っ飛びますが、未来にはkindleなどすべてデータだけで販売するようなこともあるのか興味があります。

そうなるとコミケのあり方もだいぶ変わっていきそうですね!

 

dummy

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

コミケ雲は海外のオタクも注目する都市伝説です!

コミケ雲とは!画像よりもリアルにアキバのオタクが解説!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原とコミックマーケット , ,