聖地、アキバでハイテンションガールえいたそは、バンギャなの?

      2017/10/12

anzai


でんぱ組のムードメーカーハイテンションえいたそは面接に落ちていた?

Sponsored Link


えいたそちゃんが秋葉原ディアステージの面接を落ちていたのはファンの間でも有名ですよね。2回落ちたらプライド的にも諦める子も多いと思いますが、そこは自他ともに認める「アニメオタクのサラブレッド」の諦めない気持ち!が秋葉原ドリームをつかんだんでしょうね、、

 

anzai

そう、「あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?」 安西先生!えいちゃんも何度もスラムダンクを読み返して面接に臨んでいたかも知れません!

 

三度目の正直でディアステ入店

古川 私、えいちゃんが面接に来たときは超覚えてるよ。

成瀬 私、2回受けて2回とも落ちたのね、ディアステージ。それで三度目の正直で、たぶんねむきゅんとかの助言があって。

夢眠 そう、ずっと相談されてたっていうか、えいたそに「落ちちゃったんだよね」みたいな話をされてて。「でも怖いよヲタ芸とか。やめとこ」とか言ってて。じゃあいいやと思ったら、「また受けたけど落ちた」って落ち込んでて。私は、えいたそには「あそこはいいや」みたいなことを言ってた手前、ディアステ受けるのをためらってたんですよ。それなのに私が受けたら受かったんですよ(笑)。

──最低じゃないですか(笑)。

引用元:http://natalie.mu/music/pp/dempagumi/page/3

 

 

ファンが泣いた「W.W.D」のフレーズがえいたその原点

Sponsored Link


■えいたそ(成瀬瑛美)プロフィール

名前 成瀬瑛美(なるせ えいみ)
愛称 えいたそ、えいちゃん
生年月日 2月16日(年齢は非公開)
出身地 福島県
身長 160cm
イメージカラー イエロー
キャッチフレーズ ハイテンションA-POPガール

 

eitaso

年齢の気になるファンの方が多いのか、1989年とか1985年とかいろいろな説が流れていますが、本人のみぞ知るっていう感じですね(;^ω^)でんぱ組に年齢だけでファンになる方はいないと思うので、アンチ?の人が調べているかな?ってイメージですね。

 

名前の瑛美は、本名というのが有力で名字は、漫画の「ラブひなの成瀬川」というキャラクターからとったようです。古川未鈴ちゃんと一緒に「水玉オンライン」として活動していた時期もありました( ´艸`)

 

■福島出身で震災後復興支援ライブをしていました

えいたそは福島出身で、高校まで県内に通っていたようです。高校時代中華料理店でアルバイト経験があり、そこで接客の基礎を学んだと語っていたことがありました。えいたそはエプロンが似合いそうで、その頃から看板娘として人気があったかもですね。

 

2011年(平成23年)3月11日の東日本大震災の時は、直接被害は受けませんでしたが地元福島のために「節電ライブ」をするほど郷土愛にあふれる優しいえいたそちゃんです。

twitter

 

■アニメオタクのサラブレッド

なんでもえいたそちゃんは、お母さんのお腹にいるときから、胎教でアニソンを聞かされていたそうで、メンバーの中で、一番アニメオタク色が強いとも(;^ω^)でんぱ組はオタクオリンピックの日本代表ですから、レベルが高いですね。その影響もあり小さい頃からアニメが好きで秋葉原に憧れていたと雑誌などのインタビューで応えています。

でんぱ組.inc連続インタビュー、今回はメンバーで一番ポジティブな「えいたそ」こと成瀬瑛美さん。「W.W.D」の一番の泣き所にあげる人も多いのが、あの成瀬さんのフレーズ。福島に生まれ育ち、今憧れの東京・秋葉原で生きる彼女は、メンバーだけでなく多くファンに元気を与えてくれます。そんなハイテンションガール、えいたその物語です。
引用元:https://cakes.mu/posts/1240

「アニメマンガ 田舎で憧れてた 聖地・アキバ 私 ここで生きてます」という「W.W.D」の歌詞にえいたそちゃんの想いがつまっていて、「泣ける!」というファンも多いです。

 

えいたそがビジュアル系にハマっていた?

なぜか、えいたそちゃんがバンギャでは?という噂があります。※バンギャとは、ヴィジュアル系のバンドが好きな少女(おばさんもいますが><)のことです。
これは、過去に、えいたそちゃんが、ヘビーメタルバンドのギターを担当していたという噂からのようです。(;^ω^)本人は否定しています。ベースーはライブで披露していますね。

9

Sponsored Link

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原アイドル情報