【暇つぶし】タリーズコーヒー高田馬場店の口コミ・レビュー【勉強・作業】

      2019/07/31

【暇つぶし】タリーズコーヒー高田馬場店の口コミ・レビュー【勉強・作業】


高田馬場駅周辺で暇つぶしだけでなく、勉強や作業ができる快適なカフェを探している人

この記事では、オタクも立ち寄ることが多い高田馬場駅駅周辺で暇つぶしができるカフェについてステマ無しで解説します<(_ _)>

高田馬場駅周辺は、快適に過ごせるカフェが少ないこともあって『暇つぶし』場所に困ることが多いとも言えます。勉強や作業をする時にも大切な、電源とWi-fiの事情についてもレポートします。

ほぼ365日都内を中心に秋葉原駅周辺のカフェでノートpcをいじっているオタクが、高田馬場にあるタリーズコーヒーの事情についてご紹介します。

流し読みであれば2分くらいで読めますが、知っていると知らないでは「モヤモヤ感」に天と地の違いがあると思います…。

 

参考にして頂けると嬉しく思います(‘ω’)ノ

Sponsored Link


高田馬場駅早稲田口から徒歩1分

正式な店舗名は『タリーズコーヒー Emio Style BIGBOX 高田馬場店』でかなり長いのが特徴的なカフェだったりします。

高田馬場駅前にある、Emio Style BIGBOX内の2階にあって早稲田口から徒歩1分でアクセスも抜群な場所で雨など天候が悪い日でも便利な場所です。

はじめにネタバレしておくと、このタリーズコーヒーは暇つぶし場所としては【微妙】かなといった感じ。電源とWi-fiもあって環境的には良いのですが店内が『回転率』を重視した作りでちょっと長居とかには向かないかなと個人的には思います。

勉強や作業をしている人もいますが、なんと無く窮屈感あります。

 

 

 

【暇つぶし】タリーズコーヒー高田馬場店の口コミ・レビュー【勉強・作業】

 

 

【タリーズEmio Style BIGBOX 高田馬場店】の口コミ・レビュー【結論は微妙】

Sponsored Link


 

はじめにネタバレしていますが、【暇つぶし場所】としては微妙かなと思います。

ドトールコーヒーは店舗によって快適さにかなり違いがあって、『回転率』を重視した店舗だと勉強や作業にも向かないことが多いと言えます。

 

辛口にはなりますが、タリーズコーヒーEmio Style BIGBOX 高田馬場店が暇つぶしや勉強・作業ができるカフェとして微妙な理由は次の通り。

 

  • 店内は広いが、席の感覚が狭くて窮屈
  • 店内が若干暗い
  • 店内にトイレが無い
  • 場所柄、混んでいることも多く騒がしい
  • 電源席が狭い

上記の通り。

基本、テーブル席は全て小さい丸テーブルで勉強や作業には向かい感あります。

待ち合わせやちょっとした暇つぶしなら問題無いですが、長居を検討している時にはあまりおすすめしません。

 

【暇つぶし】タリーズコーヒー高田馬場店の口コミ・レビュー【勉強・作業】

 

 

【タリーズコーヒーEmio Style BIGBOX 高田馬場店】のWi-fiと電源

 

すでにネタバレしていますが、電源とWi-fiはありません。

最近はドトールでもWi-fiを導入しているところもありますが、センター街店はありません。

 

 

渋谷限定のフリーWi-fiが拾えるので、時間制限(1時間)ありますが利用するのもありかなと思います。

 

 

【タリーズコーヒーEmio Style BIGBOX 高田馬場店】へのアクセスや詳細

 

 

【営業時間】 7:00 – 22:00
【定休日】  年中無休
【完全分煙】 2階に喫煙ブースあり。
【アクセス】 渋谷駅ハチ公口から徒歩5分
【住所】  渋谷区宇田川町28‐2
【電話番号】  03-3461-2775

 

 

まとめ

【暇つぶし】ドトール渋谷センター街店の【電源とWi-fi】事情レビュー

いかがでしたでしょうか?

渋谷のセンター街にあるドトールコーヒーが、暇つぶしに使えるかどうかについてレポートしました。

以前は周辺にブックオフがあって便利だったのですが、現在はGUに変わってしまったちょっと残念です。

 

また渋谷に大型の古本屋ができると、オタクがもっと楽しめる場所になると勝手に妄想しています。

 

 

 

カフェで読書や作業することが多い、オタクのレポートでした(‘ω’)ノ

参考にして頂けると嬉しく思います。

 

 

本日も、最後までご覧いただきましてありがとうございました<(_ _*)>

 

 

道玄坂周辺でコスパ良く過ごせる電源カフェの一つがここになります。

>>【暇つぶし】道玄坂にあるタリーズの電源とWi-Fi事情レポート

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しいオタクドリームの為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 高田馬場のオタクスポット , ,