スマホ片手に秋葉原の街を冒険中?アニメの聖地アキバでもポケモンGOが配信開始

      2017/10/04

ポケモンGO


ついにポケモンGOが配信開始されました!

 

米国や欧州などで社会現象となり、日本でも期待の声が高まっていたスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」(以下、ポケモンGO)が7月22日に日本で配信開始され、大人気を博しています。

 

「ポケモン」は1996年「ポケットモンスター赤・緑」の発売以来、TVアニメ化もされ、約95の国と地域で放送されるなど子どもから大人まで根強い人気を誇り、その市場規模は累計4.8兆円を越すとされています。

Sponsored Link


 

ポケモンGOの基本の遊び方は、歩き回ってポケモンを探し、モンスターボールと呼ばれるアイテムを投げて捕まえることで、GPSとの連動で実際の街を舞台に冒険が楽しめます。
街中に点在するポケストップというポイントでは、各種アイテムが入手できます。
またポケモンのタマゴをゲットし、アイテムの「ふかそうち」でポケモンを誕生させることも可能。
ゲットしたポケモンをアイテムで強化し、進化させることもでき、ポケモンを探す、捕まえる、育てる、戦うという楽しみは従来のシリーズと変わらないポイントのようです。

Sponsored Link


 

ここで、一例として秋葉原の街でポケモンGOを遊んだケースを紹介してみます!
秋葉原では、出現率の高い「ポッポ」「コラッタ」などのほかにも少しレアな「プリン」「ドガース」など様々なポケモンが発見されているようです。
メインストリートの中央通りには、ポケストップが集中しているのでオススメとの情報も(;^ω^)
また、バトルを楽しめる「ジム」というものもあるようで、ソフマップ秋葉原本館がジムになっているようです( ´艸`)

 

ポケモンといえば「ピカチュウ」の人気は多くの人の知るところだろうが、このピカチュウ出現についての裏ワザが既に話題となっています。
まず、プレイヤーは「ゼニガメ」「フシギダネ」「ヒトカゲ」の中から一匹の選択を求められますが、この選択画面を無視してその場から立ち去ります。これを何度か繰り返すと「ピカチュウ」が出現するのです。

色々な場所で遊べるポケモンGO、歩きスマホによる事故などには充分留意して楽しみましょう!

 

 

ポケモンGO

スマホ片手に秋葉原の街を冒険中?アニメの聖地アキバでもポケモンGOが配信開始

Sponsored Link


 

The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原について