cafe mocoは秋葉原で女性が楽しめるスポット!

      2017/10/14

秋葉原の観光スポット


Sponsored Link


秋葉原も10月になって急に冷え込むようになりました。最近は夏が終わって「秋」が無く冬になってしまうイメージあるので、今年もこのまま冬に突入してしまうのでしょうか(涙)せめて「ハロウィン」が終わるまでは秋モードを満喫したいので、これから秋晴れを期待したいです。

さて、本日は食欲の秋!恋愛の秋!デートの秋!ということで、オタクの街?秋葉原でも女性が楽しめるおすすめスポットについてリサーチしてみました。最近では、デートプランも綿密にリサーチしてから計画する「ロジカル男子」も多いようなので、感性だけでなく理詰めでデータプランがトレンドですね!

 

女性が楽しめるスポットの条件は?

秋葉原に限らず女性が「楽しめる」という目的を考えてみると、人間の3大欲求である「食欲」「性欲」「睡眠欲」のうち「食欲」を満たすことが一番手っ取り早いような気がします。もちろん眠ければ寝れば良いし、性欲は…いろいろ考えられますが、女性の場合にはお友達と一緒にわいわいガヤガヤする方が楽しかったりするものなので「食欲」を最高に満足させてくれる食べ物が重要ですね。。

そして、女子と言えば「スイーツ」「カフェ」が超重要なキーワードになるでしょうか!とにかく「甘いもの」に目がない女子にとって「美味しいスイーツがあるカフェ」はポイントになるでしょうね。

 

意識高い系女子が好きなお言葉の中にも「美肌効果」「小顔効果」「金持ちイケメン」「楽に痩せれる」「スイーツ」「SALE」「インスタ映え」などなど、、「スイーツ」は堂々のランクイン入りですから、絶対に外せない「女性が楽しめるスポットの条件」になると思います!

 

友達につい紹介したくなる秋葉原のカフェ?

Sponsored Link


すっかり昭和が過去となり、平成生まれの若者にとって「SNS」はもう生活の一部のようです。オタクのイメージがある秋葉原は2ちゃんからはじまり、ネット界の最前線を走ってきましたが、今ではオタクでない一般ピープルもツイッターやフェイスブック、LINEを駆使している時代です。

コミュニケーションが死活問題の女性にとってSNSは生命線であり、大切なツールになるからこそ「おしゃれ」なカフェで写メを取ることが重要です!

お友達と一緒に行って、インスタ映えする画像をアップする→それを見た友達から反応がある→つながる という流れがあるのでしょう…すいません、どんどん話がずれていくので終わります(涙)

そう、「おしゃれ」というのも大切なポイントです。「スイーツ」「カフェ」「おしゃれ」で最近人気のお店が秋葉原にあるようです。ネット上でもアクセス急上昇中の「Cafe MOCO (カフェ モコ)」さんです。

秋葉原cafemoko

 

 

 

 

店名 Cafe MOCO(カフェ モコ)
所在地 東京都千代田区外神田1-12-2 志村無線ビル 1F
営業時間 11:00~20:00(不定休)
電話番号 03-3251-2108

食べログさんやRettyさんでの口コミも評価が高く、特に女性の人気が高いようです。
「コスパ良い」「フードが充実」「雰囲気もいい」「ボリューム満点」「落ち着ける」「美味しい」「おすすめ」などの絶賛コメントが多いので「ハズレ」は無いと思います。

「ホットドッグ」に関する話題が多いので、お店の看板メニューである「チーズホットドッグ」は要チェックですね!ドリンクやスイーツも秋葉原の駅近くにしては良心的な設定なので、お友達と行っても安心して過ごせると思います。

アキバのイケメン男子とデートにもおすすめ?

秋葉原のイケメン

 

 

 

 

 

 

今はだいぶ下火になったようですが、数年前から「レンタル彼氏」なる商売が流行った時期ありました。現在もアンダーグランドな世界では人気あるのでしょうが、ダイレクト過ぎて秋葉原にある「男装カフェ」や「執事カフェ」とは違った印象受けました(汗)

 

趣味趣向は人それぞれですから、いろんなジャンルで「オタク」が成立するのかも知れません。そういえば「JK散歩」は今でもあるのかな..ずいぶん規制が厳しくなったようですし「JK」はだいぶプレミアムになってしまいましたね。

cafe mocoさんは、デートでも使えそうなので、素敵な彼氏とデートするときの選択肢としても「お気に入り」に追加ですね。

まとめ

秋葉原のスイートスポット

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか、ぶれぶれになってしまいましたが、秋葉原で「スイーツ」「cafe」「おしゃれ」ならCafe MOCO(カフェ モコ)さんはおすすめスポットですね。まずはランチでご利用してみてはいかがでしょうか。

 

本日も最後までご覧頂きましてありがとうございました<(_ _*)>

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - アキバの気になるお店