秋葉原駅から東京ビックサイトへの行き方は?何線に乗ればいい?

      2017/10/30

出典:http://www.bigsight.jp/access/transportation/


秋葉原駅から東京ビックサイトへの行き方は?何線に乗ればいい?





「NO Comic Market NO LIFE」…..。

コミックマーケット準備会が主催する世界最大規模の同人誌即売会こと通称「コミケ」と言えば、秋葉原に最大の影響を与えると言っても過言ではないビックなイベントです。とくに年末の冬に開催される「冬コミケ」は開催中秋葉原から人が消えるほどの影響力があります。(夏に開催される夏コミケ期間中も秋葉原の各店舗売上が落ちるほどです。)

オタクの街として世界に影響力がある秋葉原にこれほどの衝撃を与える「コミケ」は毎年2回夏と冬に「東京ビックサイト」(江東区有明)で開催されます。

コミケが秋葉原で開催されると思っている方も時々おられますが、コミケは「東京ビックサイト」で開催です。2020年に開催される東京オリンピックの影響で、2020年のコミケは違う場所で開催か?とも言われていましたが、拡張工事などが進み予定通り「東京ビックサイト」で開催予定のようです。

コミケ当日、前日から秋葉原に滞在してからコミケに参加する方も多く、年末の秋葉原周辺の宿泊施設はヤバイ状況になります。地方から夜行バスを利用して秋葉原に来る方もいます。

秋葉原駅から「東京ビックサイト」への行き方をわかりやすくご説明致します(‘ω’)ノ

秋葉原駅から東京ビックサイトへの行き方は?

出典:http://www.bigsight.jp/access/transportation/

出典:http://www.bigsight.jp/access/transportation/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミックマーケットが開催される「東京ビックサイト」への行き方には、電車だと2通りの行き方があります。最寄り駅からの歩く距離と時間が微妙に違いますが、秋葉原から東京ビックサイトに行く際にはあまり違いはありません。

秋葉原から東京ビックサイトへ電車で行く方法

 

Sponsored Link


■秋葉原駅から東京ビックサイトへの行き方

①りんかい線「国際展示場駅」を利用⇒下車徒歩約7分

②ゆりかもめ「国際展示場正門駅」を利用⇒下車徒歩約3分

どちらかというと、秋葉原駅から行く場合には、ゆりかもめ「国際展示場正門駅」を利用することをおすすめします。

途中の乗り換えがシンプルでわかりやすいのと、最寄り駅からの歩く時間が少ないことです。

 

秋葉原駅からゆりかもめ「国際展示場正門駅」を利用⇒下車徒歩約3分 (※おすすめ!

秋葉原駅⇒JR山手線外回り・東京・品川方面⇒新橋下車⇒ゆりかもめ・豊洲行⇒「国際展示場正門駅」

【所用時間】 約40分
【運  賃】 535円(スイカ利用)、現金540円

 

秋葉原駅からりんかい線「国際展示場駅」を利用⇒下車徒歩約7分

秋葉原駅⇒JR京浜東北・根岸線快速・磯子行⇒大井町下車⇒りんかい線・新木場行⇒「国際展示場駅」

【所用時間】 約40分
【運  賃】 545円(スイカ利用)、現金550円

※どちらの方法も、だいたい同じ所用時間、運賃です。個人的には「ゆりかもめ」の方が好みというのもあります。

 

バスを利用して東京ビックサイトに行くのもあり?

コミックマーケット

 

 

 

 

 

秋葉原駅から直接バスを利用して東京ビックサイトに行くことはできませんが、東京駅、門前仲町、豊洲駅まで電車で移動してからバスを利用することもできます。

ただ、渋滞や事故渋滞、移動時間を考えるとあまり現実的ではありません。状況によっては1時間以上かかってしまう可能性もありますのでご注意下さい。

とくに冬コミケは年末開催なので、渋滞は必至です。

まとめ

英語でオタクは

 

 

 

 

 

 

最近は、海外の方がコミケ会場に訪れているのも良く見かけるようになりました。なんといっても世界最大規模の同人誌即売会ですから、世界中のオタクに影響を与えていることは間違いないです。

2017年最後のビックイベントに向けて、これから体調管理が必要です。精進していきましょう!

 

 

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

 

地図無しでOK!都内最大級のブックオフ秋葉原への行き方ベスト3

 

 

秋葉原の都市伝説!「ヲタ芸」と「オタ芸」は違うのか?

 

 

秋葉原で一人でも遊べる暇つぶし場所でおすすめは?

 

 

秋葉原駅周辺でシャワーができるおすすめの場所は?安い?

 

 

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しい夢の為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原とコミックマーケット