秋葉原でコンセントがあるカフェ!オタクが絶対行くべき穴場はココ!

      2018/05/09

job


ノマドという言葉も時代遅れ感が出てきています。
オタク文化の最先端を行く秋葉原ではつぎつぎと新しいトレンドが起こっては消えていますが、ノマド文化に関してはあまり浸透しなかったイメージです。

そもそも自宅のPC環境が充実していて外出する必要が無いオタクも多いので、わざわざ秋葉原に出て作業をするようなノマド生活はあまりメリットがないとも言えます。
ただ、コミケや新作ゲームの打ち合わせなどコミュニケーションをしたりする時にはノートPCを囲んで話をする必要があります。

メールやスカイプ、電話では伝わらないことを確認するには対面が一番安心です。
そういった時には「コンセント」が無いと、途中で電源が落ちることもあって心配です。
Wi-Fiを利用していると電源の減りも早いので、コンセントがあるカフェは必須です(‘ω’)ノ

Sponsored Link


 

秋葉原で勉強作業をするなら穴場のカフェは?

job

ノマドが下火と言えども、オタク街秋葉原で勉強や作業をする方も多いです。秋葉原駅の近くには大学や専門学校も多いですし、最近は資格試験のために勉強する社会時間の方も多く不景気なのかも知れません。

観光地としても定着しつつある秋葉原で勉強や作業ができる場所としてはカフェが人気ですが、観光向け、デートや遊び向けのカフェもあるので注意が必要です。勉強や作業と言っても、最近はノートPCやタブレット、Wi-Fi環境が必須なので、コンセントなどのデバイス環境も重要です。

ひとそれぞれ集中できる環境の感覚は違いますが、できれば空いていて落ち着いた雰囲気な場所が嬉しいです。秋葉原でそういった環境のカフェを探すときには、裏スポットともよばれる昭和通り口エリアがおすすめです。駅からのアクセスが便利なカフェも多いので、仕事帰りや待ち合わせ場所としても便利です。

 

秋葉原のコンセントがあるカフェ!オタクがおすすめはココ

Sponsored Link


秋葉原駅昭和通り口エリアにも、いくつかコンセントがあるカフェがありますがその中でもおすすめなカフェが「Cafeルノアール ヨドバシAkiba横店」です。

秋葉原に何回か通うなり、裏スポットエリアを散策して見ないとわからないような場所ですが、知る人ぞ知る穴場です。ヨドバシアキバの裏側にあるのですが、休日でも比較的落ち着いた雰囲気で混まずに入れることが多いです。目の前にあるベローチェはあまり作業や勉強に向かない印象を持っていますが、そのおかげでルノアールが比較的空いていると予想されます。

通常のカフェよりも若干高めの料金設定ですが、場所代と考えればコスパが抜群です。

 

Cafeルノアール ヨドバシAkiba横店

renoir2

【住  所】 千代田区神田松永町5 第二砂川ビル1F

※秋葉原駅中央口、昭和通り口からは徒歩3分くらいです

【営業時間】 ■平日 7:30-23:00 ■土曜 7:30-23:00

■日曜祝日 8:00-23:00

【定休日】 年中無休
【電話番号】 03-5298-7099

※予約不可 
※毎日23時迄営業しているので、お仕事帰りの勉強、夕食あとのカフェタイムで利用されている方も多いです。立地的にも落ち着いた場所なので勉強作業にもオススメです。ヨドバシAkiba近くで、お買い物帰り後でも便利です。

There are a Wi-Fi and a power supply

■Wi-Fi:au、BBモバイル、Wi2(フリーWi-Fiでは無いのでご注意下さい。メール受信端末必要です。)
電源コンセントあり。
■禁煙席36席、喫煙席32席

 

フロア分煙、タバコに敏感な方は分煙と言えども完全分煙ではありませんので、若干煙草感はあります。

 

周辺には他にも「喫茶室ルノアール ニュー秋葉原店」喫茶室ルノアール 秋葉原電気街口店(貸会議室)」「喫茶室ルノアール 秋葉原店「Cafeルノアール 秋葉原昭和通り口店」があります。

ただ、週末も平日も安定しておススメできるのは、「Cafeルノアール ヨドバシAkiba横店」になります。

まとめ

dokusyo2

目の前にあるヨドバシAkibaの7階には、店内の本も読めるカフェがあって「電源」「Wi-Fi」「USBポート」も完備ですおしゃれなカフェとして、女性におすすめなコンセントカフェのひとつです。

夜は、ラストオーダーが21時半までなので仕事終わりには微妙な時間帯になることもありますが、平日の昼間とかは人も少なめで快適です。

 

本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました(‘ω’)ノ

 

秋葉原で面白い本を探すならココは外せません

秋葉原の大型書店がエモい!オタクが絶対行くべき本屋はココ!

Sponsored Link


The following two tabs change content below.
「アキバの歩き方」の運営者。1995年にはじめて秋葉原を訪れて以来、秋葉原に住んだり、お店を出したこともありました。現在は新しいオタクドリームの為に奮闘しながら、中立的な立場で秋葉原を見守っています('ω')ノ

 - 秋葉原のカフェ , ,